トヨタ、機械学習技術のPreferred Networksに105億円出資――AIの共同研究・開発すすめる

次の記事

Kubernetesによるコンテナクラスターのプロダクションレベルのデプロイを「安全化」するHeptioのオープンソースプロジェクト

IoTにフォーカスした深層学習技術の研究開発を行うPreferred Networks(PFN)は8月4日、トヨタ自動車を引受先とした第三者割当増資を実施し、約105億円を調達したと発表した。

トヨタ自動車はPFNとの共同研究・開発により、モビリティ分野へのAI技術の応用を進めていく狙いだ。

PFNとトヨタは2014年10月から共同で研究開発を開始し、関係強化を目的に、同じくトヨタから10億円を調達していた(2015年12月)。

PFNはプレスリリースのなかで、「今回の資金調達により、計算環境の拡充、優秀な人材の確保をすすめ、モビリティ事業分野におけるトヨタとの関係強化、共同研究・開発をさらに加速させる」としている。

2014年10月設立のPFNは、大規模データ分析基盤技術の「Jubatus」や、深層学習フレームワークの「Chainer」といったオープンソースプロジェクトで有名なPreferred Infrastructure(PFI)からのスピンオフ。

実は、PFIからのスピンオフはもう1社ある。自然言語処理と機械学習にフォーカスしたレトリバだ。同社が2017年3月に資金調達した際にはTechCrunch Japanでも紹介した

今回トヨタから105億円を調達したPFNが他社と協業するのはこれが初めてのことではない。同社とDeNAは2016年7月、AIを活用した企業向けのソリューション提供を目的とした合弁会社を設立している。