ボーイング、Aurora Flight Sciences社買収で無人飛行機に本腰

次の記事

Microsoft、EdgeブラウザーのiOS版とAndroid版を提供へ

BoeingはAurora Flight Sciencesを買収すると発表した。ロボット飛行機やロボット乗り物を現実にするための無人飛行システムに特化した会社だ。Auroraの買収によって、軍用および商用両方の自動飛行機開発の開発が後押しされる、とBoeingは言っている。

Aurora Flight Sciencesは、DARPAおよびUSAFの助成を受けている軍用無人垂直離着陸機、LightningStrike XV-24Aを開発している。今年Auroraは、XV-24A Demonstratorと呼ばれるの縮小スケール機を使ったテストフライトに成功した

買収完了後もAuroraはBoeingの独立子会社として運営され、無人飛行機の設計、開発を継続する。XV-24A以外にも、Auroraは操業20年の間に、パイロット不要航空機を30種類以上設計、飛行させている。

VTOL(垂直離着陸機)に大きく投資している主要航空会社はBoeingだけではない。今週Airbusは、来年目標の空飛ぶ電気自動車の初テストにむけて開発が順調に進んでいることを明らかにした。最終的には無人航空タクシーの展開を目指している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook