クラウド移行
vmware
仮想化技術

VMwareはAWSとのパートナーシップを新しい移行ツールと災害復旧ツールで強化

次の記事

Microsoftがレドモンドの本社の拡張と現代化の計画を発表、地域社会との融和を目指す

VMwareはAWSによってダメージを受けると考えられていたことを覚えているだろうか?しかし、ある時点でスマートな舵取りに成功したようだ。有名なクラウドプラットフォームと戦うのではなく、IT部門がAWS上でVMware製品を使い易くする道を選んだのだ。本日(米国時間11月28日)、AWS re:invent顧客会議の冒頭で、同社は新しいマイグレーションならびに災害復旧サービスでのパートナーシップを拡大する計画を発表した。

VMwareのクラウドプラットフォーム部門を担当するMark Lohmeyer副社長が指摘したように、AWS上でVMwareクラウドを提供するオリジナルプロダクトを一般公開してから、まだ最初の四半期が過ぎたばかりである。新プロダクトは、クラウドへの移行を容易にするためにデザインされている。

VWwareの顧客たちが苦労している問題の1つは、彼らのミッションクリティカルなアプリケーションをただ単純にデータセンターからクラウドへ移行することだ。Lohmeyerによれば、この新しい移行プロダクトは、アプリケーションをダウンタイムなしかつ妥当なコストで、迅速に移行できるようにデザインされていると言う(もっともそれは見る人の捉え方によるだろう)。もしそれが宣伝されているように機能するなら、IT部門に対して、両方の世界(オンプレミスとクラウド)のベストの組み合わせを提供することができる。

そのプロダクトは、アプリケーション一切合切をデータセンターからAWSへ移行することが可能で、それまでと同じ方法で監視と管理を続けることができる。もし本当にダウンタイムがない場合には、たとえ手始めに1つまたは2つのアプリケーションを移行してみたい場合でも、あるいはデータセンターを閉鎖して全てを移行したい場合でも、クラウド移行は簡単に行える。

さらに、VMwareは従来の時間課金モデルではなく、割引固定価格を提供することで、プランをより魅力的なものにしている。すなわち、1年または3年間申し込んだ場合、金額は全体量やその他の要因によって異なるものの、割引を受けることができる。かれらはまたハイブリッドライセンスも導入している。これによって顧客たちは、オンプレミスのライセンスを、クラウドに移行しても引き続き利用することができる。これらの要素は全て、標準的な価格アプローチに比べて、クラウドへの全体移行コストを引き下げる可能性がある。

VMwareは、新しい災害復旧プロダクトも発表した。これによりIT部門は、AWSクラウド上にアプリケーションとデータのコピーを保持することができる。大規模ハリケーンや停電、その他の災害が発生した場合に、混乱を最小限に留めることが可能になる。「オンプレミスクラウドで障害が発生した場合には、AWS上で再起動をかけることが可能です」とLohmeyerは説明した。

災害復旧ツールは、クラウドの考えに馴染むために、時間の掛かる企業を助けるためにも役立つ。もし災害復旧バックアップをクラウドの中に保存することができるなら、実際のアプリケーションもある時点から移行してしまえる可能性が出てくる。

VMwareは仮想マシンのコンセプトを普及させた企業であり、今日ではデータセンターの主役となる製品を提供している。VMwareにとっての課題は、未来がデータセンターからクラウドに移行しつつあることだ。最初に試みたのは、独自のパプリッククラウドサービスを開発し、AWSと競合することだった。その構想が吹き飛んだとき、VMwareはプランBを発動し他のクラウドベンダーたちと提携することにした。それらのうちの最大のものは、もちろんAWSである。

Lohmeyerが語るように、このパートナーシップは皆にとって良いものである。「クラウドモデルをすぐに活用できるので、顧客の皆さまにとって良いことです。そしてVMwareにとっても良いことです、何故なら顧客の皆さまに私たちのプラットフォーム上に留まっていただきつつ、仕事量を増やして行くことができるからです。そしてもちろんAWSにとっても良いことです、そのプラットフォーム上で実行される仕事量が増えて行くのですから」。

もし説明どおりに機能するならば、理想的なパートナーシップのための求心力となるだろう。

[原文へ]
(翻訳:Sako)