マイクロコントローラー
リアルタイム
FreeRTOS

Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

次の記事

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編にはマーベルのヒーローたちがが全員集合

IoTデバイスについて検討する際に、カメラやセンサーの接続を考える可能性は高い。これらのデバイスのほとんどは、非常に基本的なCPUを搭載していて、Linuxやそれに類似するオペレーティングシステムを実行している。しかし、すべてのIoTデバイスが本物のCPUを実際に搭載しているわけではない。その代わりに、基本的なマイクロコントローラによって動作するものも多い。そうしたデバイス(例えば煙探知器などを想像して欲しい)は、しばしば古いものであり、クラウドに直接接続することはできない。そして、そうしたものたちは、FreeRTOSオペレーティングシステムとカーネルのいずれかのバージョンを使っていることが多い。

AWSのCEO Andy Jassyは、開催中のre:Invent会議で、同社はこの問題を考えて新しいオペレーティングシステムをAmazon FreeRTOSという形で実現することを発表した。これは非常に基本的なIoTデバイスの、開発とセキュリティを簡素化するために用意される「マイクロコントローラーオペレーティングシステム」である。これはクラウドに接続することが可能な、低電力コネクテッドデバイスの上で実行されることが想定されている。クラウドとは直接接続したり、AWS Greengrassを経由したりして接続することが可能だ。

Amazon FreeRTOSは、その名前が示すように、ローカルとクラウド接続用のライブラリを追加したFreeRTOSオペレーティングシステムの拡張版である。無線を使ったアップデート機能もこの先追加される予定だ。

[原文へ]
(翻訳:Sako)