降雪
雪道
レーダー

フィンランド製の自動運転車が雪道を悠然とドライブ

次の記事

この先Appleによるスタートアップの買収は活発化するのか?

カリフォルニアの滑らかで温かな舗装道路を誇らしげに走ることが自動運転の1つの形態ならば、北フィンランドの凍てついた雪の中を走ることもまた、全く違う形態の1つだ。フィンランド製の自動運転システムであるMarttiは、これを(普通のドライバーにとっては)危険なスカンジナビア半島北部の道で、立派に実証してみせた。

Marttiは、VTTテクニカルリサーチセンターによって設計された2台の車のうちの1台である。これは過酷で凍てついた道路状況で運行できるようにデザインされているが、一方その「配偶者」であるMarilynは、より普通の街乗りを想定して作られている。異なる状況には異なるセンサーと戦略が必要とされる。例えば通常の光学カメラは雪道では能力を発揮できない。またライダー(lidar)の能力も落ちてしまう。そのためMarttiはレーダー(radar)により多く頼っている。しかし、Marilynには、より良い交通状況の把握を行うために、後部にライダーが搭載されている。

最近、Marttiは研究者たちが世界初だと主張する運行を成し遂げた。本物の雪に覆われた路上での完全自動運転である(そしてその際には最高時速40キロ余りが記録された)。YandexWaymoなどの、他の自動運転車も雪の中でのテストは行っている。しかし、それらのレポートを読む限り、テストはより制御された条件下で行われたようである。Marttiの運転は、フィンランドのムオニオの、ほぼ完全に雪で覆われた公道上で行われた。

「おそらくこれは、完全自動運転の世界記録も打ち立てたことでしょう。雪に覆われた路上を降雪の中、車線のマークなしに時速40キロで走ったのですから」とVTTニュースリリースの中で述べているのはプロジェクトマネージャーのMatti Kutilaだ。「さらにスピードを出すこともできた筈ですが、この車は、試験運転の中で時速40キロを超えないようにプログラムされていたのです」。

たとえ直線の道であろうと、これ以上速く走ることが賢明なことかどうかは、私には判断できない。ともあれ、冬の運転は私の得意分野ではないのだが。

ここでのポイントは、雪の天候のための完璧な消費者向け自動車を作ることではなく、それに関連した固有の技術的問題に取り組むことだ。例えば、Marttiの光学機器は、わずかながらでも確実に精度を向上させるために、条件に応じて利用する波長を調整できるか?また事前に氷の状態や、滑りやすさを察知する方法はどうだろうか?車はどのようにこのデータを集め、どうすれば良いかを判断できるようにするには、どのように振る舞えば良いのだろうか?

車同士のネットワークも重要なものになると研究者たちは口にする。路上にいる他の自動運転車との通信も大切だし、降雪状況や、道の滑りやすさ、道の温度などの情報を調べてブロードキャストする、特殊車両との通信も大切である。

最終的には、この情報は、自走式トラクター、伐採運搬トラック、緊急車両などへの応用に非常に役立つことが証明されることだろう。

まもなくチームは、北欧の環境にさらに深く入る予定だ。「次の春には、森林環境の中へ新しい車両が投入されることでしょう。そのときMarilynとMarttiは全ての道路状況の中で走ることのできる新しい友人を得ることになるのです」。

[原文へ]
(翻訳:sako)