Creator Edition
Magic Leap One

Magic LeapがARヘッドセットMagic Leap One ‘Creator Edition’をお披露目、出荷は2018年の予定

次の記事

FirefoxがAmazonのFire TVに搭載、Amazonの製品上でYouTubeを見られる!

お待ちかね。ようやくその日が来た。 Magic Leapが、GoogleやAlibabaなどから集めた現金で開発しているものの、最初の姿を披露したのだ。

本日(米国時間12月20日)、この恐ろしく評価額の上がっている拡張現実スタートアップが、そのMagic Leap One “Creator Edition” の、最初の詳細を公表した。これは開発者のための(「クリエイターのために作られた」)ARヘッドセットで、同社によれば2018年に出荷されるということだ。まだ価格については不明だし、コンシューマー版がいつ登場するのかの情報もないが、ともあれ、何かはあるってことだ!

おそれくこれまで世間が目にしたプロダクトの中で、一番控え目ものとは言えないと思うが、少なくともヘルメットではない。Magic Leap One “Creator Edition”は、3つのハードウェアで構成されてる。

  • Lightwear:同社の”Digital Lightfield”表示テクノロジーを利用するヘッドセット。空間情報を収集するための複数の統合センサを備えている。
  • Lightpack:ヘッドセットにコンピューティングパワーを供給し、ゴーグルに接続される、かなり重い丸型のベルト式ヒップパック。
  • Control:ユーザーのメニュー選択やMagic Leapが構築する世界を、空中でナビゲートする手助けをするために、利用されるハンドヘルドコントローラ。
  1. magic-leap-one-b57ca9e203ff7d82143811866148b89c.jpg

  2. magic-leap-one.jpg

  3. magic-leap-one-7b2ebd93818a9d3e79320e726f4ac0ea.jpg

ヘッドセットのデザインは、特許やリークによって以前から伝えられきたものに、かなり似ているが、ヘッドセットの前面のゴツさは少々驚きだ。しかしフレームのサイズは、Magic Leapがヘッドセットの視野をどの程度広げることができたのだろうか、という疑問を生じさせる。同社は”Digital Lightfield”(デジタル光照射野)テクノロジーを使用しているとは語っているものの、それが実際に何を意味しているのかを私たちは知らないし、真に光照射野テクノロジーを利用しているのか、それともそれを単純に模倣しているだけなのかということについても分かっていない。スタートアップは、コントローラ以外の入力として、ヘッドセットから、音声、ジェスチャ、頭部のポーズ、および視線追跡を取り込むと説明している。

Rolling Stoneとのインタビューで同社は、ユーザーは処方レンズを購入することができ、ヘッドセット自体は2つのサイズになると述べている。

ソフトウェア側では、Magic Leapはプラットフォームの能力を強調している。2018年初頭にはCreator Portalが登場する予定で、開発者たちにはより多くの文書、ツール、リソースなどが提供される筈だ。

同社がコンシューマー向けリリースで目指していることはまだ不明な点が多いが、このデザインはMagic Leapが達成できると考えていることを基にしているということは間違いない。もちろん「製品は継続的に進化しており、出荷時には異なるものになる可能性があります」というアナウンスにも注意しておこう。

[原文へ]
(翻訳:sako)