Jia Yueting
楽視
LeEco

巨額赤字のLeEco〔楽視〕ファウンダーに帰国命令――中国証券監督管理委員会が公開状

次の記事

Kronos Liftは、高級感漂うスタンディングデスク

問題山積みのテクノロジー多国籍企業、LeEcoのファウンダーがさらに新たな頭痛を抱えることとなった。LeEcoグループの負債の処理に関連して中国証券監督管理委員会〔CSRC〕はファウンダーのJia Yueting〔賈躍亭〕に対し12月31日までに帰国するよう命じた。同委員会は月曜日、異例の公開状を発表し、LeEcoグループが債務を返済できないことは、「上場企業として法的責任を果たせないだけでなく、投資家の利益に対する深刻な侵害ととなる。また社会的にも非常に大きな悪影響を与える」と述べた。

LeEcoの親会社、Leshi Internet Information and Technology Corp〔樂視網信息技術(北京)股份有限公司〕は深セン証券取引所に上場しているが、この4月以降、リストラ案を審査するため取引が停止されている。楽視は2004年に賈躍亭によってビデオストリーミング・サービスとして設立された。2016年にはLeEcoブランドの下で野心的な事業拡張に乗り出した。これにはアメリカのテレビ・メーカーVizioを20億ドルで買収する合意が含まれていた(この買収は後にキャンセルされた)。同グループはさらにスマートフォン、スマート自転車その他消費者向けエレクトロニクス製品の製造に進出し、さらにロサンゼルスに本拠を置く電気自動車のスタートアップ、Faraday Futureとも提携した。これらの事業の資金としてLeEcoは 数十億ドルの借り入れを行った。この際に 賈躍亭は自らの楽視グループの株式を担保として証券会社に差し入れたという。

しかしLeEcoの事業拡張は成功せず、債権者からの圧力は日増しに強まっていた。今年7月、賈躍亭は楽視聴の会長を辞任すると同時に、ソーシャルメディア上で「LeEcoの負債は必ず返済する」と約束した。

中国証券監督管理委員会によれば、同委員会は賈に対し、中国に帰国するよう9月から要請してきたが、「現在までこれに応じようとするいかなる行動も見られなかった」という。今月初め、香港のPing An Securities Group〔平安証券集団〕に47000万元(7100万ドル)の債務が返済ができなかったため、賈は中国における債務不履行者の公式リストに掲載された。 先週、LeEcoの香港法人が同地の高等裁判所に精算手続きの開始を申し立てたと香港メディアはと報じた。

われわれはLeEcoに対しメールでコメントを求めている。

画像; Bloomberg/Getty Images

〔日本版〕賈躍亭宛の公開状には「北京證監局關於責令賈躍亭回國履責的通告」(原文は簡体字)とある。『ポケットプログレッシブ中日』は、「zélìng 【责令】[動詞]責任をもって任務を遂行するよう命じる」と説明している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+