トランプ大統領のウェブサイトに、オバマ氏を責めるメッセージが隠されていた

次の記事

GoogleのタブレットPixel Cが引退してその座を最新のPixelbookに譲る

ソースコードに隠されたイースターエッグの好きな人にはかなりいい話。Washington Postのデータレポーター、Christopher IngrahamがTwitterで見つけた情報によると、トランプ政権と共和党のウェブサイトに、オバマ氏のゴルフ好きに関するジョークの入ったコードが埋め込まれているという。

ソースコードを確認したところ、たしかにあった。「Oops!何か問題が起きた。オバマと違ってわれわれは問題の修正に務めている…ゴルフコース上ではなく」。見つかったのは、action.donaldjtrump.com のサイトで、 たとえばこのオバマに取りつかれた「就任年支持率調査」などをホストしている。donaldtrump.comのページにはない。

Ingrahamaが指摘しているように、これはGOP.comトップページを含む共和党の公式サイトにもある。いずれの例もこのオバマジョークはこの404エラーメッセージとセットになっている、「ヒラリー・クリントンとこのリンクの共通点は何か?どちらも完全の壊れている」。オバマとクリントンに対する侮辱はいずれもトランプ支持者の雰囲気を醸しだすもので、フロイト心理学における投影ではない。
挙げ句の果てにこのコードはそれ自身壊れていて、イコール記号が2つあるべきところが1つになっている。うっかりミス? あるいは、世界はこの非常によくできたジョークに恵まれていなかったのかもしれない。

[実際にこのメッセージが表示されることはない。Javascriptにエラーがある…比較(==)の代わりに代入(=)になっているので、どんなエラーでも404メッセージが表示される]

Thanks, Obama!

[原文へ]