クリエイター
Photoshop CC

Adobe Photoshop CC、ワンクリック選択をサポート――Sensei AIが対象を認識

次の記事

Apple発インテリジェントスピーカーのHomePod、2月9日に発売開始

今日(米国時間1/23)、AdobeはPhotoshop CCをアップデートした。これにはWindowsユーザーのためにダイヤルタイプの入力装置、Microsoft Dialのサポートや高精細度モニターのサポート拡充などいくつもの新機能が含まれているが、中でも注目はSelect Subjectツールだ。これはAdobeの人工知能プラットフォーム、 Senseiを利用してワンクリックで所望の対象を認識し切り抜くというものだ。

イメージ処理を行うときにオブジェクトの選択は基本だが、形状が複雑だと手間のかかる作業になりがちだ。Photoshopの選択ツールは長年進歩を続けてきたが、それでも画像から望むように対象を切り抜くにはかなりの時間がかかるのが普通だった。新しいSelect Subjectツールも常に完璧な切り抜きができるわけではない。しかし優れているところはワンクリックでかなり正確なスタート地点を作ることができ、その後自由に編集が可能な点だ。しかもAdobeの新ツールは各種の既存の切り抜きツールと比べて段違いに優秀だ。

ただし、Sensei AIが画像を解析し範囲を決定するためワンクリック選択自体は機械任せとなる。ユーザーはメニューからSelect->Select Subjectと進むだけでよい。後はPhotoshopがやってくれる。

>

今回のアップデートに含まれる他の新機能は、上で触れたように、Windows 10マシンの高精細度モニターへの対応だ。,PhotoshopはWindowsのステけーリング設定を自動的に取り込む。またMicrosoft Dial以外でも、お気に入りのホッケーパック型入力装置を使って素早くオプションの選択を実行できる。.

Adobe XD

今日のCreative CloudのアップデートにはAdobe XDも含まれている。XDはモバイル・アプリのデザインとプロトタイピングのためのツールだ。XD ユーザーはZeplin、Avocode、Sympli、ProtoPie、Kite Compositorなどのサードパーティーのツールが使えるようになる。ユーザーはこうしたツールでデザインし、その結果をXDにインポートできる。現在のところこの機能はMac版(以上のツールはMacツール)だが、Adobeでは同様の機能をWindowsでも提供していくものとみられる。

これに加えてDropboxのユーザーはクラウドに保存されたXDの最初のアートボードをいちいちダウンロードすることなくプレビューできるようになった。

〔日本版〕Select Subjectは昨年11月にプレビューが公開されていたツール。日本版については未確認。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+