ラッパーの50 Centが、2014年のアルバムの売上でBitcoin長者になっていたことが判明

次の記事

任天堂のスマホアプリ「Miitomo」が5月9日に終了、リリースから約2年

彼こそ究極のhodler(「Bitcoinを持っている人」という意味。holderのアナグラム)だ。2014年にBitcoinを受け取った、最初のミュージシャンの1人であるラッパーの50 Cent(別名Curtis Jackson)は、揮発性の暗号通貨でちょっとした幸運をかき集めたようだ。

TMZが最初に報告し、また彼自身も認めているようだが、50 CentはそのBitcoinの売上を、最近再び気が付くまで手付かずのままにしていたのだ。伝えられるところでは、彼は2015年6月当時、その5枚目のアルバムAnimal Ambitionで、700 bitcoinを手に入れた(TechCrunchは、この数字を確認するために問い合わせを行っている。回答があり次第更新する)。

そのアルバムの発売日の時点では、1ビットコインには657ドル相当の価値があった。彼の700 bitcoin分の売上という報告が正確ならば、50は46万ドル前後を当時稼いだことになる。まあ悪くない。

さて、今では同じ量のbitcoinには、809万ドルの価値がある(日本時間1月25日14時30分現在)。

50はそのニュースを、Instagramのキャプションで認めている「サウスサイド(ニューヨークの貧民地区)出身の身の上に起きたこととしては悪くないね。誇らしく思っているよ」。その後さらにこう続けている「そんなもの持っていたことなんて、全く覚えていなかったんだぜ(笑)」。その後のInstagramのポストでは、bitcoinの画像に「入ってくるカネならなんでも善いカネさ」というキャプションを添えている。

2015年に50はチャプター11破産申請を行い、財務整理を行った。そのときの合意では2300万ドルの負債を5年で返済する計画となった。伝えられるところでは、彼は昨年ある程度の和解金を受け取った後、2300万ドルを前倒しで払い終わったということである。2011年に、彼はその個人ブランドで販売された一連のヘッドフォンセットを発売し、彼自身のオーディオ会社であるSMS AudioのCEOに就任した

50が暗号ミリオネアになれたのは偶然だが、当時先行きが極めて不透明だった暗号通貨を受け入れたという、先見の明が損なわれるわけではない。それでも、暗号化の命運は瞬時に変わる可能性がある。私たちは彼がそれを換金するのか、あるいはこのまま#hodler生活を続けるのかに興味がある。

「50 centが億万長者に。Bitcoinよありがとう!!」

bitcoinが欲しい奴はいるか?(笑)。まあこんなこと言われても気分は良くないだろうな…悪いけど、全部貰っておくぜ💰 #denofthieves pic.twitter.com/DCJu2thDr9

— 50cent (@50cent) January 23, 2018

[原文へ]
(翻訳:sako)