miitomo

任天堂のスマホアプリ「Miitomo」が5月9日に終了、リリースから約2年

次の記事

Amazon AWSがSqrrlを買収してセキュリティの脅威検出能力を強化

2016年3月17日、任天堂にとっては初のスマホアプリとしてリリースされた「Miitomo」。似顔絵キャラクター「Mii」を通じて、友人とコミュニケーションを楽しめるのが特徴で、質問に答えることで友人との共通点や意外な一面を見つけることもできた。

任天堂初のスマホアプリということに加えて、DeNAとの共同プロジェクト第一弾ということもあり、リリース当時から注目を集めていたが、それから約2年。どうやらそのMiitomoも終わりの時を迎えるようだ。

任天堂は1月25日、Miitomoの提供を5月9日に終了することを発表した。サービスの終了に伴い、本日の午前10時をもって「Miitomoコイン」の販売を終了。今後はサービス終了までの期間にショップや「おとしてMii」などの有償サービスを楽しめるよう、ログインボーナスにて毎日Miitomoコインやゲームチケットを配布するという。

5月9日にサービスが終了した後はMiitomoを起動しても、サービスが終了した旨を通知する画面が表示され、アンサーや伝言の閲覧、服などのアイテムや壁紙の利用を含め、アプリの機能は利用できなくなる。作成したMiiについては、ニンテンドーアカウントと連携することでMiiの外見を移行できるという(性格などの情報は引き継がれない)。

また日本円で購入した未使用分の有償Miitomoコインについては、サービス終了後に払い戻し対応を実施。詳細は終了後に公式ページにてアナウンスするという。