NvidiaとGE傘下のBaker Hughesが石油と天然ガス産業を総合的にAI化へ

次の記事

Uber、人身売買撲滅への取組みを強化

NvidiaとGEの子会社Baker Hughesが、石油と天然ガスの業界にAIを持ち込もうとしている。しかもその対象はこの産業のあらゆる局面にわたり、石油資源の探査から採掘、精製、そして最終消費者へのデリバリにまでAIを導入する気だ。

Baker Hughesはもちろん、Nvidiaの、AIに強いGPU技術を利用するつもりだ。たとえばそれは、大型データセンターで使われているNvidia DGX-1スーパーコンピュータや、デスクトップにスーパーコンピュータ級の能力を持ち込むDGX Stationsなどだ。エッジコンピューティングでローカルなディープラーニングを可能にするNvidia Jetson AIも利用されるだろう…エッジでやればワークロードがわざわざクラウドに行く必要がない。

このカバー範囲の広い構想が実現するためには、Nvidiaの広範な技術のすべてが必要だ。石油とガスといえば、大規模なシミュレーションやデータ処理によって正確な探査を行い、いざそこを掘るとなったら地殻の活動を予測しなければならない。また地球上各地の僻地のようなオフショアのプラットホーム(採掘現場)も多いから、粗悪で貧弱な通信条件にも対応しなければならない。

この共同プロジェクトの目的は天然資源の取得量の最大化だが、もうひとつ重要なのが使用する機器装置類の寿命管理だ。たとえば遠い海の上のプラットホームでは、機器類の不具合を、余裕をもって事前に予測できなければならない。起きてしまってからでは遅い。このことは操業効率の最大化という側面のほかに、サイトの労働者たちの安全確保のためにも重要だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa