MobileIron

Googleがサードパーティ製のクラウドソフトウェアをショッピングできるストアを開店

次の記事

LINEが仮想通貨事業などの金融事業への参入を本格化、新会社を設立

Googleが、企業などの顧客にクラウド上のサードパーティ製ソフトウェアを売るためのデジタルストアを立ち上げる。このニュースを最初に報じたBloombergは、この動きはAmazon Web Servicesなどクラウドの先頭企業集団に、この検索大手が後れを取らないための最近の努力の一環だ、と言っている。

Googleが単独でストアを立ち上げるのではなく、MobileIronとパートナーする。後者は2014年に上場したモバイルのデバイス管理企業だ。この新しいストアに関するGoogleのブログ記事によると、このコラボレーションによって、Google Cloud上のコマースプラットホームOrbiteraに、MobileIronのアプリ配布やセキュリティ、アナリティクスなどの能力が統合される。

Googleによると、このホワイトレーベル方式のサービスには、複数のサービスを顧客の層別に同梱(バンドル)したり、独自のブランドを作ったり、顧客のデバイスやデータやサードパーティのクラウドサービスにアクセスできたり、ユーザーやアプリを限定するセキュリティ、利用状況のアナリティクスなど、いくつかの機能が最初から提供されている。

GoogleがOrbiteraを買収したのは2016年で、そのときは買収価額が1億ドルあまりと言われた。Orbiteraはクラウドベースのソフトウェアを売買するプラットホームを開発したが、Googleによる買収によって、AmazonのAWSやSalesforce, Microsoftなどと競合してクラウド上でエンタープライスサービスを売っていけるように改良された。

Googleのこの新しいイニシアチブにはコンペティターがいる。Bloombergの指摘によると、AT&Tは、ユーザーがVPNで安全に接続できるクラウドサービスを提供している。しかしそれでも、一回のアクセスで容易かつ簡単に多くのクラウドサービス〜クラウドソフトウェアの中から気に入ったものを選べるこのような‘ストア’は、ユーザーにとって便利だろう。あちこちアクセスして探すよりは。

うまく行けば、これはGoogleの新しい強みになるかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa