ドローン
SWAN
シンガポール

ロボット・スワンがシンガポールの水質調査をお手伝い

次の記事

アカツキが「エンタメ×テック」ファンドの投資先公開、人工流れ星やMRお化け屋敷など国内外8社

シンガポールの国立シンガポール大学の研究者は自律航行が可能な水質検査ロボットを開発した。この水上ドローンはSmart Water Assessment Network、SWANと呼ばれる。実際、驚くほど本物のハクチョウそっくりだ。

ロボットはシンガポールの港湾や川、池に浮かべられセンサーで水温、汚染物質などを検査し、リアルタイムで情報を送り返してくるという。スワン・ロボットにしたのはむき出しのドローンに比べて親しみやすく、風景にもうまく溶け込むからだという。

現在スワン・ロボットはシンガポールの貯水池などで水質検査の実験を始めている。ボートその他の障害物と衝突しても耐えられるデザインだという。従来のようにボートを使って人手で水質サンプルを集めるよりはるかに低いコストで多数の地点の水質が検査できる。将来はまったく人手を介さず完全自動で水質を見張るようになるはずだ。

本物のハクチョウをびっくりさせないといいのだが。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+