一部のiPhone 7が正常なのに“No Service”を表示する、Appleは無料で修理する

次の記事

コーディング不要で誰でもAlexaのスキルを作れるStorylineが今YCで勉強中

iPhone 7を使っていて、信号は強力なのに“No Service”と表示されること、ない? 実はそれは、あなたの錯覚でも間違いでもない、iPhone側の問題なのだ。

iPhone 7の“No Service”バグに関する報道や噂は1年以上も前から浮遊しているが、今日(米国時間2/2)の午後、Appleはその問題を認めた。

同社によると、“ごく一部の”iPhone 7が、サービスが可利用であってもno serviceを主張することが分かった。

悪いニュースは: 簡単な直し方がない。今回はソフトウェアのアップデートでは直らない。Appleによると問題の原因はロジックボードの不良にあるので、それを物理的に修理するしかない。

ややましなニュース: Appleは修理を無料で行う。Genius Barですでにお金を払った人には、返金される。詳しい情報はここにある。画面が壊れている場合は、お金を払ってそれを直してから内部の修理をしてもらうこと。

Appleによると、2016年9月から2018年2月までに製造されたデバイスが対象だ。つまりそれは、iPhone 7のこれまでの存命期間である。そしてそれらが売られた場所は、アメリカ、中国、日本、香港、またはマカオだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa