タイプライター
キーボード

AzioのRetro Classicタイプライターキーボードは贅沢な喜び

次の記事

カマキリに3Dメガネをかけさせて研究したら新しいよりシンプルな立体視覚が見つかった

おそらく読者は今、MacBookやその他のモダンなPCの前に座っていて、人間の指には本当の満足感を与えてくれないキーボードで、ほとんど無音のうちにタイピングをしていることだろう。遠い過去に、キーボードが何かを返して来ていた時代を覚えているひともいるだろう:「カチャカチャ」というタイプ音。それは生産性に対する「聞こえる証明」だった。

もし読者がそれを懐かしみ、取り戻したいと思うなら、新しいAzio Luxury Retro Classicキーボード(Bluetooth接続)は、素晴らしい選択肢だ。そしてそれは、タイプライターに触発された既存の贅沢なキーボード製品たちよりも比較的お手頃な価格である。だがお手頃とは言え、変わらぬ魅力を持ち、そのキーの打ち応えを愛する者たちにはたまらない、メカニカルな動作を提供してくれる。

この219.99ドル(ワイヤレス接続を必要としない場合は189.99ドル)のアクセサリには、他の比較的高価なプレミアムキーボードたちが提供しないようなものが備わっている。例えばMacとPC用の交換用キートップ、バックライト、さらには純正メタル、木材、さらには革仕上げの表面。ワイヤレスバージョンは有線およびBluetoothの両方の構成で動作し、搭載された6000 mAhのバッテリーは、2ヶ月に1度充電すれば良い。

キーボードの充電には付属のUSB-Cケーブルを使う。裏にある便利なスイッチと、前述の交換可能なキートップ(工具も不要だ、単に引き抜いて代わりを押し込めば良い)のおかげで、macOSでもWindowsでもすぐに使うことができる。

  1. azio-retro-classic-bt-1.jpg

  2. azio-retro-classic-bt-2.jpg

  3. azio-retro-classic-bt-3.jpg

  4. azio-retro-classic-bt-4.jpg

  5. azio-retro-classic-bt-5.jpg

  6. azio-retro-classic-bt-6.jpg

  7. azio-retro-classic-bt-7.jpg

  8. azio-retro-classic-bt-8.jpg

  9. azio-retro-classic-bt-9.jpg

  10. azio-retro-classic-bt-10.jpg

素敵な素材のアクセントに加えて、Azioの機械的なスイッチは本当にカチカチという音が良く、私にはちょうどいい感じの打ち心地を提供してくれる。Retro Classicはまた、ネジを使って使い易い角度に傾きを調整することもできる。

キーボードはまた、大量のタイプ入力に耐えるように作られているように感じられる、少なくとも核攻撃が来るまではもちそうだ。製品は重く、ゴム製の滑り止めパッドによって机にしっかりと固定される。とはいえ、旅行時にこれを持ち歩きたくはないだろう。

もし機能的な机の装飾が欲しいと思っていて、かつ(Azioを使ってこのレビューを書きながら、しみじみと打ち心地を噛みしめている私のような)機械式キーボードの大ファンだとしたら、これは最上のお勧めだ。レトロなキーボードは見つけやすくなってはいるが、Azioのこのモデルは、私が今までに出会ったものの中で、価格、多機能性、品質のバランスが最高の一品だ。

[原文へ]
(翻訳:sako)