Google、軽量版「Gmail Go」をAndroid向けに公開

次の記事

リアルタイムの自己チェック機能のある3Dスキャナーは最初から正しい3Dモデルを作る

Googleは、主として新興市場向けに作られた同社アプリの軽量版、”Go” エディションに注目の製品を追加した。Gmail Goだ。他のGoアプリと同じく、スマートフォンのストレージ使用量が少なく、通常のGmailよりもモバイル通信のデータ量を節約する。

様々な記事のレポートよると、Gmail Goのダウンロードサイズは9.51MBで端末上で使用するストレージが約25MBなのに対して、通常のGmailはダウンロードが20.66MB、ストレージが47 MBだった。

アプリを試してみた一部ユーザーは、Gmail Goのスクロールは通常のGmailよりもスムーズでないと指摘している。また、同期の頻度を減らして通信料を節約している。

機能に関しては、GmailとGmail Goの間に大きな違いは見られない。

しかし,他のGoブランドアプリでは、必ずしもそうではない。たとえば、YouTube Goにはいくつか独自機能がありビデオをダウンロードしてオフライン視聴ができたり、ちかくの友達とシェアすることができる。Gmail Goの場合はAndroid Goで要求されているサイズと必要メモリーの条件を満たすように作られているだけのようだ。

Gmail Goは全ユーザー向けには公開されない。現時点で利用できるのはAndrod Oreo Goエディションの端末だけだ。

Goエディションアプリには他に、YouTube Go、Files Go、Google Go、Google Maps Go、Google and Assistant Goがある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

[原文へ]