Apple、AirPodsの2019年防滴モデルはSiriの音声起動が可能に

次の記事

40以上のキャリアとデバイスメーカーがGoogleのプラットホームを使ってRCSサービスを提供している

AppleがAirPodsの新機種を何種類か準備をしているとBloombergが報じている。Appleが昨年発売した人気の完全ワイヤレスイヤホンは、2018年のリフレッシュに向けて開発が進行中で、Bluetoothベースのガジェット同士の接続を管理するためにAppleが開発した “W” シリーズチップの新バージョンが採用されるらしい。

2018年のハードウェア改訂は、Wチップの改善(昨年Apple Watchに使用されたW2あるいはW3の可能性もある)だけでなく、音声だけでSiriを起動できるようになる。現在は耳の中のAirPodsを物理的にタップしなくてはならない。

AmazonのEchoスピーカーやiPhoneと同じく、ユーザーはウエイクワード(この場合は “Hey Siri” )を言うだけでバーチャルアシスタントを呼び出せるようになる。これはAirPodsを「音声ファースト」インターフェースに移行するためぎ第一ステップと言える。

2019年に予定されている(Bloombergはもっと早いと言っている)後継機種では防水機能が加わると見られている。Bloombergによると、これは「水滴や雨」から守ることを目的しており、Apple Watchのような完全防水ではない。

AirPodsはあらゆる面で好調なので、AppleがiPhoneやほかの人気商品と同じ更新サイクルに乗せるのは理にかなっている。果たしてユーザーが、iPhoneなどと同じようにAirPodsをアップグレードするのかどうかに注目したい(Appleには、耳の形状に合わせられ可変方式を開発してほしい。今はフォーム製の小さなスリーブを使っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook