SpaceX、50回目のFalcon 9で最大サイズの衛星を打ち上げへ(ライブ中継あり)

次の記事

建設プロジェクトSaaS「ANDPAD」開発のオクトが4億円を資金調達、経営プラットフォームへの進化目指す

SpaceXは、Falcon 9ロケットの50回目の打ち上げに向けて準備中だ。積荷も新しい節目にふさわしい。2時間の打ち上げ目標期間が始まるのは3月6日0:33 EST(日本時間同日14:33)からと夜遅いが、SpaceXが歴史を作るところを目撃したい人にとっては必見だ。

今夜Falcon 9が運ぶのは、静止トランスファ軌道に向かう人工衛星、Hispasat 30W-6だ。これまでにSpaceXが静止軌道に送り込んだ中で最大の衛星で、重量は6トン、大きさは市内バスほどもあるとSpaceX CEO Elon Muskは言っている。

Hispasatはスペインの衛星会社で、SpaceXは最近のミッションでも同社が運用する積荷を運んだことがあり、SpaceXが将来国際ブロードバンドインターネットサービスに使おうとしている同社初のデモ用衛星も同じロケットで運ばれた。

SpaceXはこのロケットについは回収を試みない予定で、これはフロリダ州海岸沖の悪天候が理由だ。打ち上げはフロリダ州ケープカナベラル航空基地にあるSpaceXのSLC-40打ち上げ施設で実施される。何らかの理由で延期された場合は3月7日水曜日の0:33 ESTからの予備期間を利用する)。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook