2018/03/07/this-robot-can-solve-a-rubiks-cube-in-38-seconds/

ルービックキューブを「0.38秒」で揃えるロボット

次の記事

アメリカでは成人5人に1人がスマートスピーカーを利用中――Voicebot.aiの調査によればユーザー数は4730万人

未来の世代が2018年を振り返ったとき、記憶に残るの物とは何だろうか? 大したものはないと予想するが、ルービックキューブを0.38秒で揃える驚異のロボットは別だ。上のビデオでは、揃っていない状態のキューブをアクチュエーターが動かして、映画『幸せのちから』でウィル・スミスが演じるキャラクターの狂気バージョンのように面を揃えていく。

Ben KatzとJared Di Carloが作ったこのプロジェクトはKollmorgen ServoDisc U9モーター6基とPlaystation Eyeカメラ2台を使っている。珍奇なからくりがキューブの状態を読み取り、答えを求め、瞬時に正しい位置へと動かす。

チームは独自のANDボードを使って各モーターが独立にオンオフできるようにした。複数のモーターが同時に作動して炸裂するのを防ぐために必要なしくみだ。システムはmin2phaseというアルゴリズムを使い約21手でキューブを揃える。ちょっとした工夫でさらに少し速くすることもできるという。

というわけでこれは2018年ハイテクの偉業だ。かつてルービックキューブにいらきステッカーを剥がしただけで、解けたよとママに言ったことのある人間として、私はKatzとDi Carloに敬意を表する。こうなったらElon Muskは、宇宙でルービックキューブを解いて、すでにエキサイティングなこの年を締めくくるしかない。

このボーナス映像では、攻略中にキューブが炸裂するところが見られる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook