新惑星の発見に貢献したNASA/Googleの機械学習システムAstroNetをあなたも利用できる

次の記事

JapanTaxiとフリークアウトが進める“新世代タクシー広告”「Tokyo Prime」が全国展開、決済機能付き新端末も

おぼえておられると思うが、昨年12月に、NasaのデータとGoogle Brainの脳力を利用する機械学習により、二つの新しい惑星が見つかった。あなたがそれと同じことをやってみたいなら、そのシステムを作ったチームが今日(米国時間3/8)、その天文学的偉業の達成に使われた、AstroNetと呼ばれるプログラムのコードをリリースしたから、試してみたらどうだろう。

NASAのKepler宇宙望遠鏡は、銀河系を何年もかけてスキャンし、惑星サイズのオブジェクトが星の前面にあって、そこだけやや暗くなってるところ(上図)を観察した。

そのデータセットは、機械学習のシステムにとってすばらしい遊び場だ。量が膨大でノイズも多いため、微妙な変異を単純な統計学的方法や人間による精査では見つけることができない。そのような、データの泥沼からおもしろい結果を取り出すためには、畳み込み式ニューラルネットワークが格好のツールだった。

しかし例によってAIは、人間がやった先例に従わなければならない。そのニューラルネットワークは、すでにラベルがついていて惑星か非惑星かを検証されている何千ものKeplerのスキャンデータで訓練された。この訓練されたモデルが、Kepler-90iとKepler-80gの発見に貢献した。

研究者たちによると、プロジェクトのソースを公開したことによってそれがさらに正確になり、研究がもっと早いペースで進み、また新しいデータセットも取り入れることができる、と期待される。ドキュメンテーションを読んでコードをフォークしてみたい人は、GitHubへ行ってみよう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa