Google Assistantの独自のアクションを各種デバイスに組み込める、そのためのSDKを発表

次の記事

DropboxがIPOを前にしてSalesforceの深い統合を発表、エンタープライズの評価アップをねらう

今年のSXSWの呼び物というほどでもないが、Googleは自分の製品にGoogle Assistantをあっと驚くアイデアで組み込みたい、と考えているデベロッパーのために、ちょっとした素敵なアップデートを提供する。製品に特定のファンクションを加えるためのAssistantのSDK、それがそのCustom Device Actionsだ

ブログの記事でGoogleは、Assistantを搭載した洗濯機が色を次々と変える例を示している。Assistantの開発キットにはすでにBuilt-in Device Actionsというものが最近提供されたが、デベロッパーはこれでデバイスに何らかの特徴を持たせることができる。そして今回のCustom Device Actionsは、それの後輩だ。

スマートホームデバイスはますます市場が混み合ってきたから、メーカーはなんとかして自社製品を目立たせないといけない。この開発キットは、そのために役に立つだろう。Googleはデモ用として、洗濯物分類ロボット(下図)とビール注文システムを作ったようだが、どちらもSXSWではAssistant Fun Houseと名付けたコーナーで実際に試せる。

この前のCESやMWCと違って、今度のGoogleの展示場には嬉しいことに屋根がある。でも、二度ある悪天候は三度あるというから、テキサスはみぞれかもしれない。このActions開発キットには登録会員のための通知機能があって、新しいアクションが追加されたらAndroidスマートフォンの画面に音楽とともにポップアップする。

もっと詳しいことは、5月初旬のGoogle I/Oカンファレンスで分かるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa