「DELISH KITCHEN」提供のエブリーがKDDIと資本業務提携、30億円調達でライブコマース提供へ

次の記事

共同創業者曰く、Facebookは「アメリカンドリーム」を破壊する

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」などを提供するエブリーは3月12日、KDDIと資本業務提携を締結したことを発表。同日、第三者割当増資により発行する株式をKDDIが約30億円で取得し、今後エブリーがKDDIの持分法適用関連会社となる予定だ。両社は2018年7月を目途に共同でライブコマース事業を提供していく。

エブリーは2015年9月の創業。これまでに、2016年6月に約6.6億円、2017年3月に約27億円、2017年12月に約20.6億円を調達している。

エブリーではDELISH KITCHENに加え、女性向けライフスタイル動画メディア「KALOS」、ママ&ファミリー動画メディア「MAMADAYS」、ニュース動画メディア「TIMELINE」の4サービスを、FacebookやInstagram、YouTubeなどのプラットフォームを通じた分散型メディアとして提供。月間延べ4400万人以上に配信しているという。

今回の資本業務提携により、エブリーとKDDIは、ライブ配信動画の出演者にリアルタイムで質問やコメントをしながら買い物ができる、ライブコマース事業を提供していく。ライブコマースはKDDIグループが運営するショッピングモール「Wowma!」などにも展開する予定だ。

また、エブリーが持つ動画コンテンツとKDDIグループが持つユーザー基盤をはじめとしたアセットとの連携により、EC事業の企画・開発を進めるなど、国内EC事業の強化に両社で取り組んでいくという。