“一晩限り”のエモい会話が楽しめる匿名チャットアプリ「NYAGO」が正式リリース、総額4000万円の調達も

次の記事

NvidiaのGPUによる高速化技術がついにKubernetesをサポート

2017年9月設立のUNDEFINED(アンディファインド)は平均年齢20歳ぐらいという、文字通り若いスタートアップだ。創業メンバーも、代表取締役CEOの若月佑樹氏が1998年生まれ、取締役COOの渡邉健嗣氏が1997年生まれ、取締役CTOの金井一馬氏が1994年生まれ。その若いチームが3月28日、正式リリースしたのは匿名チャットアプリ「NYAGO」だ。

NYAGOは、チャットを始める側だけが匿名で送信できるというアプリ。チャットを受けてもいいよ、というユーザーは、TwitterやLINE、InstagramでURLをシェアして誰かからの匿名チャットが届くのを待つ、という仕組みだ。

匿名でメッセージが送れる点は「Peing -質問箱-」や「Sarahah」にも似ているが、NYAGOでは、その後も会話が続けられる点が特徴的。そしてもうひとつの特徴が「毎朝6時にチャットが消える」という点だ。チャットはサーバーからも完全に削除されるという。

UNDEFINEDでは「匿名機能により、コミュニケーションのハードルを下げ、チャットが来たときのドキドキ感と新鮮さを大事にした。チャットが毎日削除されることで、一晩だけのエモいコミュニケーション、インスタントなコミュニケーションを目指した」とこれらの機能について説明している。

なお、NYAGOのリリースと同時にUNDEFINEDでは、約4000万円の資金調達実施を発表した。引受先はEast VenturesSkyland Venturesコネヒト代表取締役の大湯俊介氏、ペロリ創業者の中川綾太郎氏、古川健介氏、Fablic代表取締役の堀井翔太氏、ほか1名の個人投資家だ。

調達資金についてUNDEFINDでは、NYAGOのプロダクト改善とサービス運営、および会社の運転資金に使用する予定。「今後もチームの強みを生かしたサービス運営を徹底していく」としている。

若月氏はNYAGOのリリースにあたり、下記の通りコメントしている。

創業時から複数のピボットを経て、NYAGOの事業モデルに決定しました。その背景にあるのが、「ユーザーの最も近くにいる」「実際にユーザーである」という私たちの強みです。若いチームだからこそ作り出すことができるティーンのための世界観をNYAGOというプロダクトに込めました。これからもユーザーに寄り添ったプロダクトの設計・開発を続けていく所存です。