Tesla、死亡事故当時オートパイロットが作動していたと発表

次の記事

AIを用いて法務の仕事をスマートに——弁護士起業家が立ち上げたLegalForceが8000万円を調達

Teslaは先週の死亡事故について追加情報を公開した。Teslaの発表によると当時運転手はオートパイロットのアダプティブ・クルーズコントロールを最小車間距離設定で使用していた。しかし、運転手は人間が制御を取り戻すよう促すシステムの警告を無視したとみられている。

[以下、本稿の引用部分はTesla社ブログ日本語ページからの転載]

ドライバーはその日運転し始めてから、ハンドルに手を触れていない時に発される視覚的な警告を数回、音声警告を1回受けていました。衝突の前は約6秒の間ハンドルに手が触れられていませんでした。ドライバーが破損した衝突衝撃緩衝具の付いた中央分離帯を、遮るものがない状態で目視できた時間は5秒間、距離にして150 mありましたが、車両ログによるとその間には衝突を回避するための行動が一切取られていませんでした。

Teslaのオートパイロットシステムの目標は、自動車事故を減らすことであり、Teslaのブログによるとオートパイロットは事故率を40%減少させると米国政府が行った独自調査が示している。もちろん、それはテクノロジーが完全に事故を防ぐという意味ではない。

Teslaは以前、被害が甚大だった理由は高速道路のコンクリート製中央分離帯が以前の事故で損傷していたためだと言っていた。さらにTeslaは、オートパイロットはあらゆる事故を防ぐものではないが、起こる可能性を低くするとも指摘していた。

発生しなかった事故については誰も知ることがありません。知り得るのは発生した事故だけです。オートパイロットの使用は危険であるという間違った認識からオートパイロットを使用しなくなることは、非常に深刻な結果につながります。交通事故による死者は世界全体で年間約125万人です。すべての車両がテスラ車と同等の安全性を持っていれば、毎年この内の90万人の命を救うことができます。テスラでは自動運転車は人間が運転する車の10倍安全になるだろうと考えています。

以前私たちが安全性に関する統計学的な情報を持ち出した際、たった今起こった悲劇に対する感情が欠けているのではないかと批判されました。それはあまりにも的外れな発言です。私たちはテスラを信頼して下さる皆さまを心から大切に思い、ありがたく思っています。一方でオートパイロットが安全性を向上するということを知っていれば救われるはずの、現在と未来の命についても考えなければなりません。

このような痛ましい事故が起こってしまったことと、大切な人を失ったご遺族とご友人の方々の悲しみを変えることはできません。改めてお悔やみを申し上げます。

この事故のわずか前、アリゾナ州テンピでUberの自動運転車が関わる死亡事故が起きている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook