3Dニッティングマシン
ニット
CMU

ニットマシンで3Dのウサギが編めるシステム登場――カーネギーメロン大で開発

次の記事

中国の宇宙ステーション、天宮1は間もなく墜落――重量9.4トン、正確な落下地点は不明

産業用編機がついに3D化する。Carnegie Mellon大学の研究チームは任意の3D形状をオンデマンドで編み出すことができるテクノロジーを開発した。3Dプリンターに似ているが、プロダクトはソフトだ。

セーター、シャツ、帽子などアパレルでニット製品は大人気だが、消費者からは往々にして不満が出る。長過ぎる、短すぎる、ぶかぶかだ、きつい等々。

消費者のどんな難しい要求にも答えられるような、3D形状を編めるシステムをCMU Textiles LabのJames McCannのチームが開発した。このソフトウェアは通常の3Dモデリングツールで作った形状をニッティングパターンに変換し、コンピューター制御の産業用ニッティングマシンでプロダクトを編み出すことができる。

ニッティングマシンは人間の編物職人のような柔軟性は持ち合わせていないので、ニッティングパターンが不適切だと糸がよじれたり、切れたり、機械を詰まらせたりする。しかし機械を使えば大量生産が可能で常に同一の仕上がりとなる。

CMUのニュースリリースで McCannは「ニッティングマシンを3Dプリンターなみに容易に扱えるようになる」と述べている。

こういう産業用ニッティングマシンを消費者が操作することはないだろうが、アパレルやぬいぐるみのメーカー、デザイナーには朗報だと思う。

McCannのチームは研究成果をこの夏のSIGGRAPHでプレゼンする予定だ。

画像:CMU

〔日本版〕CMUのプレスリリースのビデオにはトップ画像のスタンフォードバニーの他にドーナツ・アヒル、翼のあるヒツジなど多数の複雑な形状の3Dニットのサンプルが見られる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+