見捨てられるPenryn世代: Intelは古いチップのSpectre対策を中止

次の記事

ザッカーバーグ、4月11日に下院で証言へ

チップの欠陥MeltdownとSpectreに対して、引き続き行われているパッチ努力の一環としてIntelは先月、2005年までさかのぼって開発コードYorkfield以降のプロセッサーにも修復を適用する、と示唆した。しかし最近のガイダンス文書によると、これらの古いプラットホームの多くは結局、修復を受けないことになった。

具体的には、Spectre Variant 2(変種2)のための対策は、チップの世代で言ってBloomfield, Clarksfield, Gulftown, Harpertown, Jasper Forest, Penryn, SoFIA 3GR, Wolfdale, Yorkfieldに対しては行われない。(IntelのコードネームのリストはWikipediaにある。)

変種2はブロックや回避がいちばん困難な欠陥なので、対策も難しい。マイクロコードのアップデートで何かをコピペして終わり、という仕事ではない。

そのガイダンス文書(PDF)には、修復対応をやめる理由が書かれている:

  • マイクロアーキテクチャの性格により、変種2を緩和する機能の実効的な実装ができない
  • システムソフトウェアの商用サポートが不十分
  • 顧客からの入力によると、これらの製品の多くが“クローズド・システム”として実装されているので、これらの脆弱性への露出の可能性が低い。

言い換えると: それは超難しい、サポートが薄い、そしてバグが悪用されるような使い方をしている人がとても少ない。

そもそもそれら古い機種は、リストが膨大であるだけに、Intelとしてもリーズナブルな後退をした、と言えるだろう。しかしそれでも、システムの管理者は、これらの世代のチップが自分たちのシステムの中で外部者に対してむき出しになっていないか(悪用の可能性がないか)、チェックしたいだろう。

そしてユーザーに関しては、Core 2 Duoに代表されるPenryns世代は、まだ古いラップトップを使っている人が少なくないだろう。2008年には、それがIntelのすべてだった。ぼくみたいに、古い機種に愛着があって捨てられない人は、重要な仕事をその上でやらないようにしよう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa