コンテナ
gitlab

GitLabがGoogleのKubernetes Engineを統合、コンテナアプリケーションのデプロイが超簡単に

次の記事

3Dモデル技術や顔認識システム開発のサイトセンシング、ニッセイキャピタルから1億円を調達

今や多くの人が使っているVCSのGitを、独自にホストしているサービスとして人気の高いGitLabが、最近とくに好調だ。わずか2週間前にはGitHubとの統合を発表したが、今日はGoogleのKubernetes Engine(GKE)を統合してクラスターの展開を自動化し、ユーザーであるデベロッパーが自分のアプリケーションをほんの数クリックでデプロイできるようにした。

この機能を作るために同社はGoogleと協働したが、しかしこの統合はGitLabに前からあるAuto DevOpsツールを大々的に使っている。それは、コンテナを扱うためのよく似た機能をすでに提供していた。Auto DevOpsは、CI/CDパイプラインのセットアップやコンテナへのデプロイなど、面倒な仕事をすべて引き受けることをねらっている。

しかし、“GKEを統合する前は、GitLabのユーザーは自分のクラスターを管理するためにKubernetesの深い理解を必要とした”、とGitLabのCEO Sid Sijbrandijは今日の発表で述べている。“Googleとの協働により、われわれのユーザーはGoogle Cloud Platform上に、管理サービスを伴うデプロイ環境をセットアップし、GitLabの堅牢なAuto DevOpsの能力を利用することが簡単になった”。

このGKEの統合を利用するためには、デベロッパーはGitLabから自分のGoogleアカウントに入るだけだ。GKEがクラスターを自動的に管理するので、デベロッパーは自分のアプリケーションを書くことに集中でき、デプロイと管理はGitLabとGoogleにまかせられる。

この新しい機能はGitLab 10.6 releaseの一部として、GitLabの全ユーザーが今すでに利用できる。

GitLab adds support for GitHub

〔この記事の日本語訳。〕

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa