VSS Unity
Virgin Galactic

Virgin Galactic、VSS Unityの動力飛行に成功――2014年の事故以来、最初の宇宙往還機飛行実験

次の記事

bitFlyerがObjective-C共同開発者Tom Love氏を顧問に、ブロックチェーン向け言語開発に取り組む

今日(米国時間4/5)、Virgin Groupの宇宙企業、Virgin Galacticは3年にわたって開発してきたロケット宇宙往還機の初飛行テストを行い、無事成功させた。発射母機のSpaceShipTwoは往還機、VSS Unityを吊り下げて離陸した。所定の高度に達した後、往還機は母機から切り離され、ロケットを30秒にわたって作動させた。これによりUnityはマッハ1.6まで加速された。

Virgin Galacticにとって2014年にSpaceShipTwo Enterpriseが悲劇的な事故により破壊されて以来、初の動力飛行テストだった。

前回の事故以後、リチャード・ブランソンの宇宙計画は大幅な見直しを迫られ、多数のパーツが再設計された。最近、実験はスピードアップされ、Unityの滑空テストに成功していた。

今日のテストパイロット、Mark “Forger” StuckyとDave Mackayの2人が母機から切り離されたVSS Unityを操縦した。オリジナルのSpaceCraftTwoと異なり、今回のUnityはVirgin Groupの企業、The Spaceship Companyによって製造された。同社はさらに2機の同型機を製造している。

Virgin Galacticは今回のテストで目標としていた高度、速度をまだ発表していない。今回の飛行はVirgin Glacticにとってきわめて重要なテストだったが、同社はこれまでできる限りメディアへの露出を避けてきた。これはメディアに豊富な情報を提供するイーロン・マスクのSoaceXとは対照的な方針だ。

アップデート:リチャード・ブランソンは実験の成功後、簡単な内容のツイートをしている。

Virgin Glacticは活動を再開、動力飛行に成功した。マッハ1.6。飛行データを検討した後、次のフライトに進む。いまや宇宙は手の届くところに来た。 ――リチャード・ブランソン

Virgin Galacticは再利用可能な宇宙往還機を開発、運用することを目的とする企業で、これまで同社の往還機は最高高度110キロの弾道飛行に成功している。1人あたり25万ドルの料金で乗客に宇宙観光を提供するのが目的だ。今回のテスト成功で事業のフィージビリティーは大きくアップした。同社は前回の死亡事故から立ち直ったが、万一同様な事故が再発すれば会社にとって致命的となるだろう。

〔日本版〕Virgin Galacticがさきほど公開したビデオ映像。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+