プログラミング

学費不要で完全な技術者を育てるHolbertonが$8Mを調達して学生数を増やす

次の記事

これが「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の最新トレーラーだ

ここ数年でHolberton School of Witchcraft and Wizardry Engineeringはもっと総合的なプログラミングスクールとして知られるようになった。二年の教程で完全なエンジニアを育てようとする同校は、今では大学の専門学部の課程と比べて遜色ないと見なされている。今日(米国時間4/9)、サンフランシスコに拠を構える同校は、今後の拡張を支えるシリーズA、820万ドルの資金調達を発表した

そのラウンドは現在の投資家daphniTrinity Venturesがリードした。そして、Omidyar Networkが新たな投資家として参加した。これで同校の資金調達総額は、1300万ドルになる。

Holbertonは現在、約200名の学生を教えている(厳しい入学試験がある)が、それを今後1000名に増やす計画だ。最近同じサンフランシスコ市内で移った大きなスペースは、500名の収容能力がある。アメリカのいちばん大きな大学等でも、コンピューターサイエンスの学生が500名〜1000名もいるところはない。これまでの卒業生はApple, IBM, Tesla, Docker, Dropboxなどに就職している。学生が納めるべき学費はないが、就職後3年間は給与の17%を同校がいただく。

同校は、人種や性別などにとらわれず多様な学生を受け入れることをモットーにしているし、学生ローン等の負債状況も問わない。最近のクラスでは、学生の約40%が女性だ。そして、マイノリティの方がやや多い。残念ながらシリコンバレーでは未だに、こんな学校や企業は珍しい。

協同ファウンダーでCEOのJulien Barbierはこう述べる: “第一級の教育は、誰もが受ける資格がある。Holbertonの学生は、背景がきわめて多様だ。昨日までスーパーのレジをやってた子もいれば、ミュージシャンやポーカーのプレーヤー、高校を出たばかりの子に、金のない人、などなど。しかし全員が、受ける教育だけはアイヴィーリーグ(名門大学)級であるべきだ。Holbertonでは、全員に恵まれた人びとと同じ機会が与えられ、今後の全人生を投ずる価値のあるスキルを習得する。ここの学生たちは、ときにはわずか9〜12か月で、アイヴィーリーグの卒業生たちと競争して就職している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa