VimeoがMacのFinal Cut Proを使うビデオ作者のための作業支援アプリケーションを提供

次の記事

Facebookは初期のデータ漏洩をFTCに報告していなかった

  1. screen-shot-2018-04-10-at-11-42-49-am

  2. screen-shot-2018-04-10-at-11-41-30-am

  3. screen-shot-2018-04-10-at-11-41-38-am

  4. screen-shot-2018-04-10-at-11-41-45-am

Vimeoが今日(米国時間4/10)、 Final Cut Proを使ってビデオを作っているMacユーザーのために、ビデオのファイルフォーマットやコーデックをコントロールするアプリケーションを発表した。これは、Final Cut Proにすでに組み込まれているVimeoにビデオをアップロードする機能をさらに拡張するもので、この新しいアプリケーションを使うとビデオの作者は複数のファイルを同時にアップロードできたり、その進捗をプログレスバーで見れたり、ビデオのリンクやレビューのページ、埋め込みコードなどに瞬時にアクセスできたりする。

さらに、このVimeo for macOSを使うと、Final Cut Proの中でビデオにキャプションをつけられたり、ブラウザーを開かなくてもアプリケーションの中でビデオを再生できたり、タイトルや説明やプライバシー設定を調整したりできる。詳しくは、Vimeoのブログ記事を読んでみよう。

このアプリケーションの目的は、Final Cut Proを使ってビデオを作るビデオ作者の時間節約と、コントロールの増大だ。

そしてもっと広い意味では、VimeoはこのMac用アプリケーションをひとつの例として、今後、YouTubeのようなデスティネーションサイトではなく、ツールのプロバイダーになりたいのだ。

同社がクリエイター支援の方向へ舵を切ったのは、昨年だ。同社は、有料会員制のビデオ・オン・デマンドサービスを放棄し、クリエイター事業のトップAnjali SudをCEOに据え、ライブのビデオストリーミングプラットホームLivestreamを買収した

今年に入るとVimeoは、複数のソーシャルネットワークにビデオを配布する作業をやりやすくする機能をローンチし、またライブのビデオをFacebookやYouTube, Twitch, Periscopeなどへ同時にストリーミングするツールや、FacebookとYouTubeにビデオを同時にアップロードするツールを提供した。

作品がライブのビデオであれ、あるいはアップロードする静的な作品であれ、Vimeoはビデオ作者のためのさまざまなツールやサービスの、ワンストップショップになろうとしている。仕事に必要な道具は何でもVimeoにある、Vimeoへ行けば仕事が早い、という状態にしたい。そのようにして、今後はこっちの方向で有料会員を増やしたいのだ。そのためにもちろん、今後もツールやサービスを増やしていく。

ビデオ編集ソフトウェアとしてVimeoは、Final Cut ProのほかにAdobe Premiere Proのエクステンションも提供している。

以下は、Vimeo for macOSアプリケーションの全機能だ。MacのApp Storeから無料でダウンロードできる:

  • ProResをはじめ、Final Cut Proの高度なコーデックをサポート
  • ユーザーのVimeoアカウントへ直接アップロード
  • Final Cut Proの中でキャプションをつけられ、このアプリケーションから設定へ行ける
  • ビデオのタイトルや説明、プライバシーの設定を調整できる
  • このアプリケーションからビデオを再生できる(ブラウザー不要)
  • ビデオのリンクやレビューページ、埋め込みコード等へ瞬時にアクセス

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa