nana music
nana

音楽SNSアプリ「nana」が600万ダウンロード達成、Androidで有料プランが追加されるなど大幅アップデートも

次の記事

中小企業の多様なApple製品の利用を自動化クラウドサービスで管理するFleetsmithが$7.7Mを調達

音楽のセッションやコラボレーションを楽しめるSNSアプリ「nana」を提供するnana musicは4月11日、アプリダウンロード数が600万を突破したことを発表した。また同日、アプリの大幅なアップデートを行い、Android版でも有料版プラン「nanaプレミアム」が利用できるようになったほか、iOS版とのインターフェースの共通化や機能追加などが行われた。

nanaは、スマホのマイクで歌や楽器の演奏を録音して投稿すると、投稿された音楽に別のユーザーが重ね録りでき、音を通してつながることができるSNSアプリ。投稿に「拍手」やコメントを付けることもできる。合唱やバンドセッションのほか、声まねや朗読、声劇などの投稿もあり、音を通じたコミュニケーションが世界中のユーザーに楽しまれているようだ。

nana musicによれば、人気アーティストや、マイクロソフトのAI「りんな」とのコラボ企画、プレゼント企画などのイベント実施の効果もあって、ダウンロード数は安定して増加しているという。2012年8月のリリース以降、2017年10月にはダウンロード数500万を達成。現在、600万ダウンロードを超え、累計楽曲再生数は22.8億回以上となった。

有料のnanaプレミアムは、2016年10月からiOS版でスタートし、今回Android版にも対応。料金は月額580円だ。ロボっぽい「ケロケロ」声になるエフェクトなど5種類のエフェクトや、広告の非表示機能などが利用できる。

アップデートでは、Android版のインターフェースがiOS版とほぼ同じになったほか、iOS版で有料だったDoublerエフェクトを無料化。これまでに投稿したサウンドの傾向などから「おすすめ伴奏」を自動的に表示する機能の追加や、各種画面デザインの改善なども行われた。

nana musicは2013年3月の設立(サービスは法人登記前にスタート)。2017年1月にはDMM.comが株式を取得し、子会社化している