StitchFix
amazon prime
Amazon Prime Wardrobe

Amazonのプライム・ワードローブの正式スタート間近――ファッション版プライム・ショッピング

次の記事

InstagramからコンテンツをDLできるようになる――ポータビリティー、一歩前進

Amazonのプライム・ワードローブの正式スタートが近いようだ。このファッション通販のキャッチフレーズは「買う前に試着できます」だ。発表されたのは2017年6月で、Stitch Fix、Trunk Club、Wantableといったサービスのライバルとなる。これまでレーダーに映りにくい「招待オンリー」で運営を続けてきた(Amazonは現在もこれに変化はないと主張)。しかし最近プライム・ワードローブ関連のツイートが賑やかになってきた。その中にはAmazonの支社のアカウントやプライム・ワードローブで働いてる人々の投稿もあった。

われわれがAmazonに取材を試みた後、残念ながこのツイートは削除されてしまったが、らAmazon社員が「バンザイ!Amazon Wardrobe正式にローンチ! これは楽しいプロジェクトだよ!」と書いていた(下はChromeの履歴)。

当初Amazonの広報担当者は「何も変化はない」というスタンスだったが、 上記のツイートなどを示して取材すると、担当者はいくぶん詳しい説明をした。依然プライム会員対象で招待オンリーのサービスではあるものの、メンバーをさらに拡大しているという。

実際、プライム会員多数が「ワードローブに招待された!」とツイートしている。下は参加手順のツイートだ。

AMZNからPrime Wardrobe招待メールが来たら次のようにする。
1. 好みの衣服3点以上を選ぶ
2. 家で試着(7日間)
3. いらないものは返品(専用ラベル同梱)
4. 往復とも送料無料

店にいく必要がなくなった。アパレル店舗にとって最後の麦わらになるかも。

Amazonは参加者数や最近の拡大状況について説明することを避けた。

しかし最初の発表からそろそろ1年たつことでもあり、プログラムが正式に公開されるまでそう長く待つ必要はあるまい。この間、Stitch Fix は株式を上場させており、Gwynnie Beeはファッソン店舗向けに会員システムのファッション通販を運営できるプラットフォームの提供を始めている。【略】

プライム・ワードローブはアパレル通販における最大のハードルを取り払おうとするものだ。つまりファッション・アイテムはオンラインで写真やビデオをいくら見せられても、実物を身に着けてみるまで本当のところはわからない。サイズがフィットするだろうか? 自分に似合うだろうか? モデルの体型は平均的な顧客とはだいぶ違う。号数は同じでもメーカーごとにカッティングは少しずつ異なる。いくら見ためが良さそうでも、着てみなければ風合い、着心地など不明だ。どこか特定の部分がきつい、ぶかぶかだ、長すぎる、短すぎる、手持ちの他のアイテムと相性が悪いといった問題も起きる。

そのためアパレルに関してはオンライン通販を使わない消費者も多かった。しかし同時にアパレルはオンライン・ショッピングでももっとも規模が大きく、成長率も最高のジャンルの一つだ。そのためWalmartはShoeBuyBonobosModClothなどを次々に買収している。

Stitch Fixは定額会費システムに加えてスタイリストが顧客に合わせて選んだアイテムを送るという仕組みでオンラインでのアパレル購入の問題点を解決しようとしている。消費者は試着した上でいらないアイテムは送料支払済のラベルを貼って簡単に返品できる。

プライム・ワードローブはスタイリスト・サービスを省いている。しかしStitch Fixを1年以上使った体験からいうと、スタイリスト・サービスはそれほど素晴らしい機能ではない。スタイリストはこちらの希望を平気で無視するし、セレクションにしても過去の購買傾向を十分に参考にしているとは思えない。なるほど顧客別にカスタマイズされてはいるが、どちらかというと客寄せの飾りに思える。Stitch Fixのファッションはトレンドもの、クラシックものが中心で、大部分の顧客には無難といえば無難だろう。実際よく売れている。その主要な理由はやはり「家でゆっくり試着できる」という点だと思う。Amazonのプライム・ワードローブが狙っているのもまさにそこだ。

Amazonのプライム会員がワードローブに参加した場合、専用のセレクションが表示される。トップカテゴリーは、男性、女性、女子、男子、ベビーだ。それぞれのセクションにはトレンディー、ロマンティック、スポーティー、カジュアルなどのファッションスタイル、オフィス、週末などのTPO、その他の下位区分が設けられている。.「エディターのトップセレクション」、「パーフェクトな春のドレス」のような季節ごとのスペシャル、また「新着」、「お気に入りのブランド」など多数のセクションが用意されているのでアイテムを探しやすい。【略】

プライム・ワードローブはプライム会員向けサービスだが、通常のプライム・ショッピングほど配送は速くない。多種類の商品を箱詰めする必要があるため発送までに4日から6日かかる。

プライム・ワードローブが規模を拡大中であるのは間違いないが、プライム会員一般に公開される時期について今のところAmazonからの発表はない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+