その場精算
支払い

Walmartが全米の何百もの店舗で、その場精算を行う’Check Out With Me’を開始

次の記事

Stircleで飲み物を混ぜる

この木曜日にWalmertは、顧客が売り場で、モバイルデバイスを携帯した店員に対して直接精算することができる、新しいテクノロジーのテストを始めたことを発表した。これらのデバイスは、米国内の350以上のWalmartの店舗で、まずはこのようなモバイルチェックアウト体験が最も必要とされる”Lawn&Garden Centers”(芝生と園芸センター)で使われ始める。

これまでは、腐葉土やプランター用の土、もしくは花のような商品を買おうとする顧客は、その商品の支払いをするために、物理的店舗の中に入って行かなければならなかった。これは買おうとしている商品のサイズや重さを考えると、しばしば苦労させられることが多かった。それが今、顧客は店員の助けを借りて、現場で支払いをすることができるようになるのだ。

ウォルマートが’Check Out With Me’(私のところで精算して下さい)と呼んでいるこの新しいサービスでは、Bluetoothレシートプリンタが組み込まれた小型の装置を身につけた店員が配備されている。またこれとは別に、買い物を取り扱うための、バーコードスキャナーならびにクレジットカード読取機も携行している。

スタッフは棚に載せられたままの大きなアイテム(たとえば腐葉土の袋とか)のスキャンを行う、このため顧客は、重いカートに品物を載せて店の中に押して行き、Lawn & Garden Centerの固定レジの1つに並ぶ必要が無くなる。ただ近くに停めた車に運べば良いだけだ。

このサービスは、Lawn & Garden Centerの外でも開催されるセールス時にもWalmartの助けになる。

「夏の間には、私たちは腐葉土や、植物、そして鉢植え用の土など沢山のアイテムを店の外で販売します。Home DepotやLowe’sがやっているものと似たものです」と広報担当者は話す。「この新しいオプションは、店内で支払いをしてからアイテムを積み込むために外に出て行く代わりに、その場でアイテムの支払いを済ませることができます」。

WalmartはCheck Out With Meのために新たなスタッフを雇うのではなく、既に雇用している従業員を使ってサービスを提供する予定だ。

Walmartが支払いスピードを上げるためにモバイル技術を使用したのは、今回が初めてのことではない。同社はまた店内での支払い向けにWalmart Payを提供している。これは顧客自身の電話でバーコードを読み取り、レジで支払うというものだ。そして同社のSam’s Club(会員制スーパー)では、顧客が買い物をしながらアイテムのスキャンを行うことで、レジに並ぶことを避けることができるScan&Goを提供している。なお買い物の内容は、出口を出る際に電子レシートとして表示される。

支払い速度を上げるためのこうしたアップグレードは、Amazonが仕掛けてくる競争を考えると、小売業にとっては特に重要である。Amazonは今やWhole Foods、実際の書店、そして新しいAmazon Go店舗で、その物理的な存在感を増している。

特に最後のものでは、顧客は支払い手続をする必要は全くない。カメラ、AIシステム、センサー技術の助けを借りることで、顧客は単に棚の商品を取ったり戻したりすれば良いだけだ。ここでの目的は、消費者に対して商品をより素早く購入する手段を提供することであるが、一方日々の買い物をAmazonのアカウントに紐つけることで、買い物客の購買習慣に対するより包括的な視点を得ようとしているのだ。他の企業、例えばAiFiIMAGR、そしてStandard Cognitionなどが、似たようなシステムを他の小売業者に提供している。そしてWalmartも、支払い手続不要のテクノロジーをテストしていると噂されている。

ともあれCheck Out With Meは、今日(米国時間4月19日)から、350以上の米国の店舗で利用することができる。これは米国内に4700店舗あるWalmartの小さなサブセットだが、同社は当分の間はこれを「テスト」だと考えている。

[原文へ]
(翻訳:sako)