KubernetesをCloud Foundryが本格採用して両社の仲がより密接に

次の記事

インターネットを監視不可能な層で覆うOrchid Labsが$125Mの資金調達過程に入る

コンテナがソフトウェアの世界を食べている。そしてKubernetesがコンテナの王様だ。そこで、大きなソフトウェアプロジェクトに、とくに企業で関わる人は、いずれこの王様とお近づきになる。今ボストンで、半年に一度のデベロッパーカンファレンスをやっているCloud Foundryも、その興味深い例のひとつだ。

エンタープライズデベロッパーの世界の外にいる人にとっては、Cloud Foundryは馴染みのない名前だが、今ではFortune 500社の約半数がユーザーだ(スタートアップのユーザーはあまりいない)。Cloud Foundryをよく知らない人は、Herokuに似ている、と思ってもよい。ただしそれは商用ユーザーの大きなエコシステムのあるオープンソースのプロジェクトで、そのどんなクラウドやオンプレミス上のインストールでも、そしてどんなに大きなスケールでも、動かすことができる。デベロッパーは自分のコードを(Twelve-Factorの方法論–日本語–に従って)書き、実行に必要なものを定義すると、それが動くためのインフラや、必要なスケーリングについては、すべてCloud Foundryが面倒見てくれる。デベロッパーは自分のアプリケーションをどこで動かすか、どうやってもっと効率的に動かすかなどを、考えなくてよい。

それだけのことを可能にするためにCloud Foundryは、Dockerなどがまだ存在しない、きわめて初期のころからコンテナを導入した。そのころKubernetesはまだなかったので、Cloud Foundryに関わっているさまざまな企業が一緒になって、独自のコンテナオーケストレーションシステムを作った。それは今日のサービスでも利用されている。しかし、コンテナベースの開発が普及するに伴い、Cloud Foundryのエコシステムでも、Kubernetesをサポートせよ、という声が高くなった。昨年Foundationはその方向への第一歩を踏み出し、コンテナを管理するための、KubernetesベースのContainer Runtimeをローンチした。それが、これまでのApplication Runtimeの隣に座る。これによってデベロッパーは、Cloud Foundryを使って、彼らが開発する新しいサービスと並列に、彼らの新旧の一枚岩的なアプリケーションを動かし管理することもできる。

でも、Cloud FoundryではApplication Runtimeのための同団体独自のコンテナサービスをなぜ使い続けるのだろうか? 今ではKubernetesやそのほかの各種プロジェクトが出揃ってきて、それらがコンテナを扱うためのデフォルトになっているから、そんなことをする理由はないはずだ。そこで、当然とはいえ、今では、古いコンテナ管理システムをなくして、それらをKubernetesで置き換えていくCloud Foundryのプロジェクトがある。今やコンテナ管理の部分は、Cloud Foundryの差別化要因ではない。むしろ、Cloud Foundryの最大の差別化要因はデベロッパー体験であり、Cloud Foundryのそもそも中心的メリットは、デベロッパーがインフラストラクチャの内部構造をまったく気にする必要がない、という点にある。

Cloud FoundryのエコシステムがKubernetesに傾くことには、もうひとつの側面がある。Cloud Foundryも同じくソフトウェアだから、それをKubernetesの上で動かして悪い理由はない。だから、SUSEやIBMなど、Cloud Foundryの最大のベンダーたちの一部も、まさにそうしている。

Cloud Foundryの公認ディストリビューションであるSUSE Cloud Application Platformは、どのパブリッククラウドのKubernetesインフラストラクチャの上でも動く。それにはMicrosoftのAzure Container Serviceも含まれる。SUSEのチームによると、その方がデプロイが容易であるだけでなく、リソースの節約にもなる(アプリケーションがより少ないリソースで動く)。

同じくIBMも、今では顧客にKubernetesの上でCloud Foundryを提供している。ただしそれはまだ、実験段階だそうだ。IBMのCloud Developer ServicesのゼネラルマネージャーDon Bouliaが強調するのは、IBMの顧客の多くは自分たちのワークロードを、IBMのそのほかの顧客に共有されない隔離された環境で動かしたがることだ。

Bouliaによれば、多くの顧客に、KubernetesかCloud Foundryか、という視点はない。彼の顧客の多くにとっては、Kubernetesを使うことが即、自分たちの既存のアプリケーションをクラウドへ移すことだ。そして新しいアプリケーションに関しては、Cloud Foundryを動かすことを選ぶ。

SUSEのチームも、同じことを強調している。SUSEの顧客のひとつのパターンとして、彼らはコンテナ環境をセットアップしたくてSUSEにやってくるが、しかしその商談の過程で、Cloud Foundryを実装することを決心するのだ。

というわけで、今週のイベントのメッセージはまさに、KubernetesとCloud Foundryが互いに補完的な技術だ、ということだ。そのイベントのパネルディスカッションで、GoogleのContainer EngineとKubernetes担当技術部長Chen Goldbergも、その点を強調した。

Cloud Foundry Foundationと、KubernetesのホームCloud Native Computing Foundation(CNCF)は共に、Linux Foundationの傘下にある。しかしCloud FoundryはCNCFに比べて圧倒的にエンタープライズユーザーの比重が大きい。そこには何らかの政治が絡んでいるのかもしれないが、でも両団体は互いに十分に友好的で、メンバーも相当重複している。PivotalのCEO Rob Meeは、本誌のRon Millerの取材に対してこう述べた: “うちは半分CNCFで半分Cloud Foundryだ。二つのコミュニティはますますいろんな技術を共有し合っているし、共に進化している。完全に独立でもないし、競争関係もない。関係はもっといろいろ複雑で微妙だ。CNCFとCloud Foundryはどちらも、大きなエコシステムの部分であり、互いに補完し、収束している”。

つまりCNCFとCloud Foundryの技術共有と、もしかしてコラボレーションは、今後も増えるということだろう。CNCFはクラウドネイティブなアプリケーションを作るための、とてもおもしろいいろんなプロジェクトのホームであり、そしてそれらのユースケースの多くはCloud Foundryにもある。

関連記事: Cloud Foundry財団、Alibabaがゴールド会員に――中国のクラウドのオープンソース化加速へ

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa