Amazonからブロックチェーン・アズ・ア・サービス――BaaSのライバルはOracleとIBM

次の記事

今秋のDisrup SFにデモ・テーブルを確保するなら今だ――TC Top Pic 60チームに選定されれば無料

Amazon Web Servicesは先週末、Blockchain Templatesを発表した。このプロダクトはブロックチェーン・アズ・ア・サービスでOracle、IBM.の同種のプロダクトのライバルとなるものだ。Amazonの参入でこれらのテクノロジー大企業がブロックチェーンでライバルに先駆けようといかに熱心に努力しているかが分かる。とはいえ、その顧客企業の多くはブロックチェーン・テクノロジーをどのように利用するのがもっとも効果があるかまだ検討中だ(一方、一部の投資家はやや興ざめめしつつある)。

AWSのバイス・プレジデントでチーフ・エバンジェリストのJeff BarrはBlockchain Templatesの利用法を説明するブログ中で、今のところブロックチェーンにはいろいろ不明確な点があることを認め、1970年代の人気コメディー番組、サタデーナイト・ライブのShimmer床ワックスというコントに触れている。このワックスは植物性油脂でできており、床も磨ければデザートのホイップクリームも作れるという触れ込みだった。

「私が話し合った人々の一部はブロックチェーンは新しい金融システムの基盤を提供し、国際送金のあり方を一変させると考えている。別の人々はブロックチェーンは分散台帳による偽造困難なデータソースをもたらす点が重要だと考えている。このテクノロジーはロジスティクス、サプライチェーン、不動産登記、クラウドファンディング、その他多数の方面に応用が可能だ。どちらの考え方を取るにせよ、数多くの魅力的な可能性が開けるはずだ。AWSでは新しいサービスによって顧客がブロックチェーンをいっそう効果的に利用できるようになるものと期待している」とBarrは書いている。

AWS Blockchain Templatesを利用すればユーザーはEthereumまたHyperledger Fabricネットワークを利用するブロックチェーン・アプリケーションを効率的に開発できる。同種のサービスとしては、半年前にOracle OpenWorldでOracleがHyperledger Fabric向けクラウドサービスを、1年前にIBMがHyperledgerベースのBaaSクラウドサービスを発表している。

BaaSとしては、先週深センで開かれたアナリスト・カンファレンスでHuaweiがHyperledgerベースのBlockchain Serviceを発表している。またBaiduやTencentなどの中国の巨大企業も以前からブロックチェーン・プラットフォームを展開している。

画像:David Ryder/Stringer / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+