ケップル
FUND BOARD

スタートアップと投資家のコミュニケーションを効率化する「FUND BOARD」のケップルが3000万円を調達

次の記事

消費者を取り戻すために、大ブランドは研究開発とイノベーションに投資すべきだ

スタートアップと投資家のためのファイナンスプラットフォーム「FUND BOARD」を運営するケップルは4月25日、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資を実施したことを明らかにした。

同社に出資したのはベクトルやオークファンなどで社外取締役を務める西木隆氏、ベインキャピタルの日本オフィス立ち上げに携わった末包昌司氏、医療法人やPEファンドなどの役員や顧問を務める提橋由幾氏を含む4名。金額は約3000万円で、累計の調達額は5000万円ほどになるという。

ケップルでは2018年6月に投資家ユーザー向けのサービスを正式にリリースする予定。それに向けて本日より事前登録の受付を開始した。

FUND BOARDはスタートアップと投資家のコミュニケーションを効率化することを目的としたサービスだ。双方間での資料や情報共有、情報管理における負担削減を軸に複数の機能を開発。2017年7月にベータ版を公開した。

スタートアップ向けにはオンライン上での資本政策の作成、株主情報やストックプションの管理といった機能を提供。投資家向けには投資先情報の一元管理、ミーティングメモの作成、投資先への一括資料依頼や提出状況の確認機能を提供している。

ケップルの代表取締役を務める神先孝裕氏はあずさ監査法人の出身。2013年にKepple会計事務所を立ち上げ、主に税務やファイナンス業務の面でスタートアップの支援をしてきた。FUND BOARDも神崎氏自身がスタートアップと日々やりとりする中で感じた、コミュニケーション面の課題を解決するために生まれたものだ。

ベータ版はこれまでに約150社が導入。そのうち100社ほどがスタートアップ、残りの50社が投資家だという(50社中10〜20社がVC、その他が事業会社や個人投資家)。

「反響はあったものの、全体的にはあまり継続されなかったというのが正直なところだ。これは主にUI/UXの点で使い勝手に課題があったためだと考えている。一方で複数拠点を持つVCが投資先の情報管理やレポート共有の目的で頻繁に使ってくれているケースもあった。ニーズのある機能をベースにしつつ、デザインなどをアップデートしたうえで正式にリリースする」(神先氏)

まずは6月を目処に投資家向けのサービスを公開する予定。コンセプト自体はベータ版から大きく変わらず、投資家のポートフォリオ管理を楽にすることだ。

特にVCでは数名で数十社の投資先とやりとりをするケースが多い。通常はスプレッドシートやエクセル、ファイルストレージ、メールやチャットといった複数のツールを使い分けながらコミュニケーションや情報管理を行っていくことになる。

「目指しているのは投資家が複数のツールをまたぐ必要がなく、FUND BOARDにアクセスすれば欲しい情報が全てまとまっているという状態。バーティカルなEightのような形で起業家の名刺を読み込めばシステム上に情報が登録され、「投資済み」「投資検討中」といったステータスごとに管理できるデータベースを作れるようにする。そこに各企業に紐付く形でファイルやメモがアップロードされていく仕組みを考えている」(神先氏)

決算書類を作る際など、投資先へ一括で資料提供依頼ができる機能もアップデート。投資先のスタートアップがFUND BOARDを使っていなくても一時的なユーザーとして扱い、送られてきたメールにあるリンクから1クリックで資料の提供ができるようになる。

「チャットやメールでやりとりをしていると、様々な場所にファイルが分散して確認漏れが生じる原因になる上に、ダウンロードしたファイルを再度ストレージにアップロードする手間も生じる。この負担を極力なくしていきたい」(神先氏)

正式リリース後はVCについては人数ベース、個人投資家については投資先の社数ベースで課金をする方針。夏頃を目処にスタートアップ向けのサービスもリリースする予定のほか、チャット機能や条件合意をスムーズにする機能の提供も検討していくという。

「海外ではスタートアップがオンライン上で資本政策を作れるサービスをいくつかあるが、スタートアップと投資家間のコミュニケーションにフォーカスしたものはない。FUND BOARDでも資本政策はサポートするが、まずは日々の情報共有を効率化することで、双方がより本質的な仕事に時間を使えるようにしたい」(神先氏)

投資家を含むケップルのメンバー。後列の右から3人目が代表取締役を務める神先孝裕氏