コラボレーション
テンプレート
paper

DropboxがオンラインドキュメントサービスPaperにテンプレートを導入

次の記事

任天堂の新スマホRPG『ドラガリアロスト』夏配信、事前登録受付中。Cygamesと共同開発

Dropboxは、現在市場に出回るコラボレーションツールよりも、よりシンプルなものを提供することで、さらに大規模なビジネスに訴求しようとしている。同社はこの目的に迫るために、オンラインドキュメントツールPaperに、さらに便利な機能を追加した。

Dropboxの発表によれば、Dropbox Paperのために用意された新しいツールによって、ユーザーはテンプレートを使ったドキュメント作成を行うことが可能になった。Google Docsのようなオンラインドキュメントツールを作成しようとしている企業にとって、これは当たり前の仕掛けのように見えるかもしれないが、Paperのコアユースケースがどのように見えるべきかを検討するためには、実際の導入の前に慎重な検討とユーザーリサーチが行われた筈だ。Dropboxは利用者がプロダクトに親しみを感じるようになって欲しいと願っているため、より堅牢なツールの構築は、この新規公開企業にとっての大きな課題である。

このテンプレートツールは、他のツールでも見られるものとほぼ同様に動作する:Dropbox Paperのページを開くと、沢山のテンプレートからドキュメントを作成するオプションが提示される。Dropbox Paperの一般的な利用法としては、製品開発タイムラインやデザインスペックへの継続的な利用などがある、しかし同社はそうした利用法を、ドキュメントプレビューなどの新しい機能の統合を続けて、拡大していこうとしているようだ。Dropbox Paperは白紙の状態から始まったが、世の中にある沢山の類似製品を前にして、最終的には自分自身を差別化する手段を探し出さなければならない。

同社は、他にもいくつかの小さな機能を展開することを公表している。例えば、文書をピン止めしたり、プレゼンテーションを開始したり、テキストに書式設定したり、他の文書やステッカーを挿入したりする機能だ。Paperのコメントセクションには、新しい会議ウィジェットと書式オプションが追加された。さらには、最近利用したPaperドキュメントをアルファベット順に表示したり、iOS上でコメント通知を解除したりドキュメントのアーカイブを行ったり、ドキュメント間でToDoリストを集約したりするなど、数多くのささやかな便利機能アップデートを追加している。

Dropboxは今年の初めの上場を劇的に成功させ、望んでいた注目を集めたあと、2012年の最初の大ヒットIPOの1つとして、多かれ少なかれその勢いを維持してきた。そしてDocuSignなどがその波に続こうとしている。新規IPOに対する投資家の需要への窓が開かれたように見える中で、複数の企業たちがドアを出ようとしているのだ。

どうやらPaperはDropboxの思い描くパズルの重要なピースのようだ。同社は、消費者向け会社としてのルーツから出発して、シンプルなコラボレーションツールを中心とした会社を常に目指してきた。これは徐々に大きな企業に食い込もうと考える企業が(Slackなども同様だが)取ってきたアプローチである。そのシンプルなアプローチのおかげで、ユーザーたちを引きつけることはできたが、企業向けの取引はより利潤の高いものであり、Dropboxに対してより強力なビジネスを提供してくれるだろう。

Dropboxは、Google Docsや他のツールとの差別化を図り続けるだけでなく、オンラインドキュメントツールの中核的なユースケースを追求するスタートアップたちとも差別化を図らなければならない。例えば、Sliteは、組織内のwikiとGoogle Docsのようなオンライン文書システムによるノート作成機能を取り込もうとしている。このスタートアップは今月初めに440万ドルを調達した。また、ドキュメントの見え方そのものを完全に再考しようとするスタートアップCodaもあり、こちらは6000万ドルを調達した 。こうした中で、テンプレートは、ユーザーの手間を減らしシンプルなドキュメントツールのように感じさせ、大企業の注意を自社の製品に引きつけるための手段の1つである。

[原文へ]
(翻訳:sako)