GoogleがApache AirflowによるワークフローオートメーションツールCloud Composerをローンチ

次の記事

ドンキーコングの伝説の世界最高得点は不正操作によるものだった

Google Cloudgが今日(米国時間5/1)、Cloud Composerの最初の公開ベータを立ち上げる。それは、Apache Airflowプロジェクトをベースとするデベロッパーのためのワークフローオートメーションツールだ。

通常、ITチームは必要に応じて独自に自動化ワークフローを作るが、それは、さまざまなツールと、いつも動くとは限らないBashスクリプトを寄せ集めた混乱になりがちだ。AirflowとCloud Composerは、ワークフローを作ってオーケストレーションするための標準化された単一の方法をチームに提供する。

Googleによると、この新しいツールはPythonをデフォルトの言語として使用し、これによりチームは、オンプレミスのさまざまなツールや複数のクラウドにまたがるワークフローを構築できる。またオープンソースのプロジェクトなので、ワークフローを複数のプラットホームに亙っても使用できる。Google Cloud Platformに深く統合されているサービスだが、ロックインはない、とGoogleのチームは言っている。

“Cloud Composerでは、Google Cloud Platformの長所とAirflowを結びつけたかった”、とCloud Composerのチームが今日の発表で書いている。“Airflowの最良の機能をそのインストールや管理に要するオーバヘッドなしで提供できるサービスを作ろうと思った。余計な作業に時間を取られなくなれば、もっと重要なもの、すなわちワークフローに多くの時間を割けるようになる”。

Airflow、そしてその拡張であるCloud Composerでは、さまざまなタスクとそれらに期待する結果を、Directed Acyclic Graph(DAG, 有向非循環グラフ)というもので定義する。これらは、標準的なPythonのファイルで、ワークフローをその細部まで定義している。完全なドキュメンテーションは、ここにある。

Googleによると、同社はAirflowのコミュニティにも積極的に参加している。そしてすでに、相当数のプルリクエストを貢献している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa