critical infrastructure

テネシー州の郡選挙サイト、DDos攻撃で投票日にダウン

次の記事

Google Assistantで映画チケットを買えるようになった

先週、地方選挙の最中にDDoS(分散型サービス妨害)攻撃を受けてサーバーがダウンしたことを受け、テネシー州ノックス郡は外部セキュリティー調査会社と協力して原因を調査している。攻撃の結果郡長予備選挙結果を表示するノックス郡選挙委員会のウェブサイトは投票日の最中に停止した。郡はダウン中印刷された投票結果を配布した。

「本日夜、われわれのウェブサイトはDDos攻撃を許した」と5月1日夜ノックス郡がTwitterに書いた。「当郡の投票システムはインターネットと一切接続されていないため、選挙結果に影響はない」。

事件の翌日、ノックス郡長Tim Burchettは有権者に対して、今回の攻撃が投票に影響を与えていないことを改めて強調した。インターネット接続が可能な投票システムは、接続不能のシステムと比べてはるかにセキュリティーのリスクが高い。

「攻撃によって投票結果や選挙の完全性が影響を受けたことはないが、これは起きてはならないことだ」とBurchettが声明で述べた。「私は何が起きたのかを知りたい。将来同じような問題が起きないよう対策するために、第三者機関の協力を得るべきだと考えた」。

Burchettは、郡の選挙システムの危機管理が「未熟」であったことを指摘する外部の批判に対して、投票システムは「インターネットに接続されたことはなく、リスクはない」ことを再度強調した。

ノックス郡のIT部門長、Dick Moranは報告書の中で、「極めて大量で異常なネットワークトラフィック」はDDos攻撃と符合するものであり、関係しているIPアドレスは国内外両方のものであることを指摘した。Moranは、サーバーをオフラインに追い込むDDos攻撃と、システムやサーバーに侵入することを目的とするハッキングを明確に区別した。

ノックスビル拠点のセキュリティー会社、Sword & Shield Enterprise Securityは、今回の攻撃を分析し、サーバーがオフラインになった「正確な状況を突き止める」ために郡と契約を交わしている。

攻撃を受けた郡サイトは、選挙結果を一般向けに公開していただけで、投票を受けつけたり集計したりすることはない。しかしDDoS攻撃は混乱を引き起こすための陽動作戦として用いられることもある。TechCrunchは攻撃の詳細について、Sword & Shieldに問い合わせている。

国の選挙システムのセキュリティー強化を目的とする最近の取組みの一環として、国との連携が強化されていることから、TechCrunchは国土安全保障省にも連絡を取り、ノックス郡への支援について質問している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook