人材分析サービス「HRアナリスト」開発のシングラーがパーソルグループに参画

次の記事

建設業マッチングアプリ「助太刀」で職人が代金を即日受け取れるサービス開始、セブン銀とも提携

人材分析サービス「HRアナリスト」は、採用候補者への事前アンケートと人事ノウハウの組み合わせによる、クラウド型のHR Techツールだ。10分程度で完了するアンケートへの回答をもとに、採用設計、面談・面接方針、コミュニケーション方針や志望度を上げるトピック、自社のアピールポイントなどを、候補者ごとに具体的に提案してくれる。

HRアナリストを提供するシングラーは5月7日、パーソルグループのパーソルキャリア(旧インテリジェンス)の連結子会社となり、パーソルグループに参画することを明らかにした。株式の取得比率や金額については非公開。今後両社は、人材サービスの共同企画、開発を通じて協業していくという。

上段左から:パーソルキャリア 経営戦略本部 エグゼクティブ マネジャー 柘植悠太氏、シングラー 執行役員 田口弦矢氏、シングラー 執行役員 三角勇紀氏、パーソルキャリア 執行役員 岩田亮氏
下段左から:シングラー 代表取締役CEO 熊谷豪氏、パーソルキャリア 代表取締役社長 峯尾太郎氏

今回のパーソルグループへの参画について、シングラー共同創業者で執行役員 COOの三角勇紀氏は「双方にメリットがあるもの」として次のように話している。

「セールス、資金面で力を持つパーソルグループとの今回の協業により、シングラーとしては、プロダクト開発に集中でき、よりよいもの、よりマーケットにフィットしたものを提供できると考えている。パーソルキャリアとしては、求職者と採用意欲の高い企業をより適切にマッチングすることが可能となる」(三角氏)

今後の協業内容について、具体的な取り決めはこれからだとのことだが「HR Techで人材採用を変える、というシングラーの王道の路線は外さず、進めていきたい」と三角氏は話していた。

シングラーは2016年11月の設立。2017年8月にはHRアナリストで、B Dash Venturesが開催したスタートアップイベント「B Dash Camp 2017 Summer in Sapporo」のピッチアリーナ準優勝を果たしている。