Google I/O 2018

Google、Assistantの声にジョン・レジェンドを追加

次の記事

これがUberの空飛ぶタクシーのコンセプトだ

AlexaとSiriの最近のアップデートに負けじと、今日(米国時間5/8)Googleは、Assistantプラットフォームに6種類の声を追加すると発表した。

同社は今日のI/Oカンファレンスで、もっと「人間の話し方に近い」自然なAI音声を開発中であることを発表した。一時停止を自然にするなどの細かい改善によって、Assistantと「より自然な会話」ができるようになるという

新バージョンのAssistantには男性女性両方の声が実装され、Wavenetという同社が1年半前から取り組んできた機械学習技術に基づいて作られている。Googleは、世界中の方言に対応するさらにカスタマイズされたバージョンを開発している

その一方で、Microsoftはちょっとしたビッグネームをスタジオに迎えて音声のパーソナリティーを付加する。はじめにミュージシャンのジョン・レジェンドが今年中にAssitantに加わり、AlexaのスーパーボウルCMを現実に変えつつある。Alexa、君の番だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook