人工知能

Google、Assistantのおなら対応に即興演芸の技を利用

次の記事

任天堂の20ドルの充電スタンドはSwitchのキックスタンドの問題も解決

Google I/Oの2日目も後半に入りみんなが少し疲れてきた。午後遅くのAssistantのデザインに関するセッションで、Googleの主任デザイナー、Ryan Germickは、AIの個性を作るために即興演芸のスキルを活用していることを話した。そして、人生でも難しい質問のひとつに答えた。

Assitantが「みんなが思うよりずっと多く」受ける質問のが、「おならした?」だ。まず、おならはいつも笑える。そして、人間の発する様々な臭いの責任を押しつけられなければスマートアシスタントを使う意味はない。

Germickは、Googleが体験した、おなら質問に対する色々な答を紹介した。たとえば、「もちろん私ではありません。私には体がありません」というのはあまり満足のいく答ではない。代りにGoogleは「巧みにはぐらかす」やり方として、improv[即興演芸]の入門コースを受けた人が必ず教えられる(”yes, but”ではなく) “yes, and”話法を採用した。

というわけで、Google Assitantにおならをしたかと聞いてみよう。おそらく「私のせいにしたいなら、すればいいですよ」といった感じの25種類ほどの答が返ってくるだろう。

もうひとつ、アイザック・アシモフのロボット工学第4の原則を忘れてはならない:くさいと言いだした人が、おならをした人だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook