アップル、Apple TVにサブスクリプション機能を追加か。チャンネル集約で個別契約不要に?

次の記事

中古建機の販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」のSORABITOが3.6億円を調達

eng-logo-2015アップルが、Apple TVおよびiOS用のApple TVアプリにビデオサブスクリプションを提供するかもしれません。もしこれが実現すれば、Apple TV単体、もしくはiPhoneやiPadのApple TVアプリ(日本では未提供)のなかでHBOやShowtimeなどの月額ビデオサービスに加入し、それらを視聴できるようになります。

現在でもApple TVやApple TVアプリではHBOなどのサービスを見つけることができるものの、その視聴契約は個別に行う必要があります。

このしくみはアマゾンが提供するCannnelsサービスによく似ています。Amazon Channelsでは、ユーザーはHBOやStarz、Showtimeといったコンテンツを選んで視聴でき、それぞれの月額料金は割引価格でプライム会員費に上乗せされます。

Bloombergは、新しいApple TVアプリにおいて、Amazon Channelsと同様にそれぞれのサブスクリプションサービスをアプリ内から契約し視聴可能になると、アップルの内部に詳しい人物からの情報として伝えました。つまり、ユーザーとしてはいちいちサービスごとに視聴契約をする手間がなくなり、チャンネル感覚で各サービスを視聴できるようになるということです。

アップルはiTunesによる映画販売/レンタルにおいては最大の売り手となっているものの、世の流れがすでに月額の動画ストリーミングサービスに向かっている事は否めません。「趣味」と称してApple TVを発売し、テレビ画面への進出を目指していくつかの方法を試してきてはいるものの、名前どおりの「テレビ」としての役割はまだまだNetflixやHulu、Amazon プライム・ビデオの後塵を拝している状態です。むしろこれらサービスのアプリを提供して、その契約窓口に成り下がっていると言えなくもありません。

アップルは例によってこの件にコメントしていません。

Engadget 日本版からの転載。