DemoDay
50M
ニッセイ・キャピタル

ニッセイのアクセラレータプログラム「50M」、第1期デモデイ――優勝は船舶のIoT化めざすライトハウス

次の記事

外科手術ロボットDa Vinciを使った初の脊索腫除去手術が成功。患者はすでに職場復帰

日本生命グループでスタートアップ投資行うニッセイ・キャピタルは5月11日、同社のアクセラレータプログラムである「50M」の第1期採択企業のデモデイを開催した。

1991年の設立以降、約27年にわたりスタートアップ投資を手がけてきたニッセイ・キャピタル。運用期間13年のファンドはこれまでに8つ組成されている。同社が手がける50Mは約5ヶ月間のアクセラレータプログラムで、採用企業はその期間中、担当するキャピタリストとともに2人3脚での事業立ち上げを目指す。

また、その名の通り、50Mは「特に優秀な企業に対し、5000万円(50 Milion Yen)の投資を実行する」と明言している。すでに第1期採択企業のうち数社には出資が実行されているという。

第1期プログラムは2017年12月〜18年5月までに実施。今回のデモデイは、採択企業がプログラムによって成長した姿をお披露目する場だ。同プログラム採択企業名と、ビジネス概要は以下の通り。

  • 電玉: 伝統的な玩具のけん玉とIoTを融合するメーカー
  • アイリス: 事業内容はステルスのため、非公開
  • Gecipe: ゲームアプリの攻略動画の提供
  • Handii: 従量課金制の無人ジムの運営
  • TradFit: クラウドAIを活用した音声データプラットフォームの構築、および運営
  • Yper: 置き配バッグ「OKIPPA」の開発で、宅配業のラストワンマイルにおける課題解決
  • ライトハウス: 船舶のコネクテッド化による漁業の効率化
  • リマールエステート: 不動産売買仲介業の業務支援システム「キマール」を開発
  • SEIMEI: 生命保険業務のRPAシステムの開発
  • Quadlytics: ウェアラブルデバイスによる生体信号の計測、リアルタイム解析
  • NearMe: タクシーの相乗りサービスの運営
  • PLAce: 保育園・幼稚園向けの出欠連絡、忘れ物防止アプリの開発
  • ウェリコ: SMB向けのニッチなSaaSを複数展開
  • スタジオアンビルト: 建築図面や設計プランを全国のデザイナーに外注できるサービスの開発

合計で5時間にもおよぶピッチイベントの結果、見事に最優秀賞(第1位)を獲得したのは、船舶のIoT化めざすライトハウスだった。以下、第2位にアイリス、第3位にYperと続いた。また、オーディエンス賞はアイリスが受賞した。ニッセイ・キャピタルは、「今後も採択企業には、ニッセイ・キャピタルの豊富な資金力を活かし必要なタイミングで、必要な資金を投資していく」としている。