NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

次の記事

小さい家に住むブームがナノサイズにまで過激化–光ファイバーの先端に家を

先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、それでもミッションの規模を伺わせるに十分だ。TESSが調べる領域は、この画像がとらえている領域の400倍の広さだ。

上図はケンタウルス座周辺のスターフィールドだが、2秒間の露出で20万あまりの星をとらえている。TESSにはこのような画像を撮るカメラが4基あり、それらをすべて同時に使い続ける。27日かけて二つの軌道を通り、宇宙のそれぞれ異なる領域を観察する。

下図は、中央のカメラだ:

これらのスターフィールドの高解像度の画像を繰り返し撮ることにより、地上のチームはわずかに暗くなる星(恒星)を見つけ、その星と太陽系の間を惑星が通過したことを検出する。この方法は類似のKeplerミッションに比べてはるかに多くの星を観察でき、比較的狭い視界でも、暗くなる星だけに着目することによって、今後調べる対象となる何千もの太陽系外惑星の証拠を見つける。

TESSはやっと昨日(きのう)、月からの重力アシストをもらって、最終軌道に接近できた。5月30日の最後のエンジン噴射によりその操作を終了し、その作者たちが設計したきわめて偏心的でまだ試されたことのない軌道に乗る。

軌道に到達し、すべてのシステムが良好なら、TESSが地球にもっとも接近する二週間おきの機会に、新しい画像を送ってくる。初めての、完全に調整された利用可能な画像、通称“first light”は、6月の予定だ。

画像クレジット: NASA

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa