Uberの最高プロダクト責任者が退社

次の記事

テイクアウトの待ち時間を減らす事前注文・決済アプリ「PICKS」公開、数千万円の調達も

Uberのプロダクト最高責任者で、Uber Elevateを指揮していたJeff Holdenが退社した。Recodeが最初に報じた。TechCrunchは彼の最終出社日は昨日(米国時間5/18)だったことを確認した。

日常業務に関して、Holdenはさほど深くは関わっていなかった。たとえばプロダクト、マップ、およびマーケットプレイスはManik GuptaがVPとして指揮している。Uberのプロダクト責任者には他にDaniel Grafがおり、3月に退社したが、AmazonのAlexaショッピングのトップだったAssaf Ronenがすぐに引き継いだ

むしろHoldenは、長期的展望を見すえるタイプの幹部であり、空飛ぶタクシーに関する会議のUber Elevateを仕切ったのは必然だった。UberはHoldenの指示で空飛ぶタクシーのスタートアップ、Zee AeroのCEO Eric Allisonを招き入れた。

Eric Allison at Uber Elevate in May 2018. (Photo by MRD)

「先週のUber Elevate Summitでデモを見せた通り、当社は空のライドシェアリングの未来に対して極めて強気の見通しをもっている。」とUber広報担当がTechCrunch宛ての声明で語った。「Eric Allisonの指揮の下、Elevateチームは成長するこの業界の方向性を示していくだろう」

しかし、HoldenがUberの空飛ぶタクシーサービス、uberAIRの規制について、FAA(連邦航空局)のDan Elwell長官代理と長い会話を交わしていたことは注目に値する。Uberの空の輸送に関する2日間にわたるUber Elevate Summitの席で二人が話していたのはつい先週のことだ。Holdenが、uberAIRの直面する最大のハードルであろう規制問題に関して、FAA幹部と積極的に話し合っていたのは不自然に感じる。

Uber入社前、HoldenはGrouponの上級副社長を務めていた。Holdenの次の行動は明らかになっていないが、ある情報筋によると、Holdenは他社での仕事を探している。

Uber’s aerial taxi play

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook