Dashボタン
LTE-M

AT&Tの、LTEに対応したAmazon Dashスタイルのボタンが利用可能に

次の記事

スマホの下取りとデータ移行を同時に、TC Tokyo卒業生のあいりぺが新サービス開始

私たちがAT&TのLTE-Mボタンについて初めて説明したとき、その情報はAWS Re:Inventの発表の洪水に埋もれてしまっていた。今週初めにそれが利用可能になったことを発表したテレコムの巨人は、もう少しだけ積極的だった。

とはいえ、それは消費者に直接販売されるデバイスではない。現在金魚の餌や、洗剤などを購入するためにAmazonから選んで手に入れることのできるプラスチックボタン(Dashボタン)とは異なり、このAT&Tのボタンは、現在のところ自分たちでシステムを作ろうとする企業の開発者向けのものである。しかし、これが狙っているのは、機器が安く運用コストも安価で済む4GであるLTE-Mの利用だ。これは将来のIoTデバイスを支えることが期待されている。

このことが意味することは、このボタンもDashボタンが支援できるようなアクティビティに利用できるということである。顧客がボタンを1押しすれば補充を依頼することができる ―― そして通常のWiFi電波の届かないエリアで、より興味深いシナリオの実装に使うことも可能なのだ。AT&T自身も幾つかの用例を示しているが、たとえば公共スペースでの顧客からのフィードバックや、通常の自宅やオフィスのWiFiが選択肢にならない建設現場などでの利用が考えられる。

もちろん、直接的な小売のフィードバックループはないので、これはDashのライバルではあり得ない。そもそもAWSそのものがこの運用に用いられているので、Amazon自身も運用から収益を得ることになる。ああ、もちろん価格も問題だ。このボタンの価格は1個30ドルからで、それだけでも洗剤が沢山買えてしまう。このようなことから、私たちがこのボタンが急速に普及するところを見ることはなさそうだ。しかしAT&Tが屋外でのIoTを推進するためにLTE-Mを利用しようとしていることから、これは興味深い利用手段となるだろう。

[原文へ]
(翻訳:sako)