Kata Containers

コンテナを軽量VMで隔離するKata Containersがついにv1.0をリリース

次の記事

スターバックスのモバイル支払いサービス、Apple Payを微差でリード(米国内)

OpenStack Foundationがホストする初めてのOpenStack以外のプロジェクトKata Containersの、バージョン1.0が今日(米国時間5/22)ローンチされた。それはコンテナのワークロードを隔離して動かすためのシステムで、元々IntelとHyperにそれぞれあった類似のプロジェクトをマージしたプロダクトだ。デベロッパーはKata Containersを使って、DockerやKubernetesをベースとするコンテナに、従来の仮想マシンのようなセキュリティと隔離機能を持たせることができる。

そのためにKata Containersは、各コンテナにきわめて軽量な仮想マシン(VM)を実装し、ハードウェアレベルの隔離を与えるが、ただしそれによる大きなオーバヘッドは生じない。そしてコンテナの標準的な定義に合わないように見えるKata Containersは、実はOpen Container Initiativeの仕様やKubernetesのコンテナランタイムインタフェイスと互換性がある。これをサービスとしてホストするのはOpenStack Foundationだが、Kata Containersは使用するプラットホームやアーキテクチャを特定しない。

IntelとCanonicalとRed Hatが、このプロジェクトの財政的サポートを表明しており、また99cloud, Google, Huawei, Mirantis, NetApp, SUSEなど多くのクラウドベンダーたちも支援を発表している。

このたびv1.0がリリースされたことにより、Kataのコミュニティは、このIntelとHyperの合作技術がついにプロダクション用途にまで成熟したことをシグナルしている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa