okta
Have I Been Pwned

OktaのPassProtectはあなたのパスワードがどこにもリークしてないか調べてくれる

次の記事

Facebookの二要素認証がユーザーの電話番号(SMS)を使わないようにできる

セキュリティ企業のOktaが今日、Chromeブラウザー用の無料のエクステンションをローンチした。そのエクステンションPassProtectをインストールすると、ユーザーがタイプするパスワードを、被害に遭ったパスワードのデータベース、Troy HuntのHave I Been Pwnedで調べる。

このエクステンションは、本誌TechCrunchの読者のようなテクノロジーに詳しい人向けではないかもしれない。でも、コンピューターのことを何も知らないお隣(となり)さんには、有益だろう。彼らのGmailのパスワードは、すでに盗まれているかもしれない。

Have I Been Pwnedは、これまでリークしたパスワードを集めている大きなデータベースだ。過去には大規模なセキュリティ破り事件が、Dropboxでもあったし、LinkedInやTumblr、Adobeのサービスでもあった。だから過去にあなたのパスワードも、やられているかもしれない。

だからみんな、パスワードマネージャーを使うべきだし、個々のオンラインサービスごとに違うパスワードを使い、そしてできるかぎり二要素認証を利用すべきだ。今多くの企業がOktaに依頼して、会社のイントラネットの認証を安全にしようとしているのも、そのためだ。

でも、大多数のユーザーは何もしていない。

だから今度親戚の家を訪ねたときは、このエクステンションをインストールして、パスワードのセキュリティチェックができるようにしてあげよう。このエクステンションはk-Anonimityというものを利用して、ユーザーのパスワードを安全にHuntのデータベースで調べる。ユーザーのパスワードがOktaやHave I Been Pwnedに共有されることはない。このエクステンションはしかも、オープンソースだ

〔訳注: 本誌TechCrunch Japanは、この記事で紹介されているエクステンションの絶対安全性を保証できません。試用は、自己責任でお願いいたします。〕

関連記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa